1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

あけましておめでとうございます。『今年こそスキンケアするぞ宣言』

更新日:2018/01/01

新年あけましておめでとうございます!スキンケア大学編集部のマツです。お正月休み、いかがお過ごしでしょうか。

昨年、思いつきで始めた編集部コラムですが、2018年もマイペースな感じで続けていこうと思っています。そんな新年最初のコラム、いつものノリでスキンケアなネタを書くにもネタが思い浮かばないので、昨年の話をしようかなと…。

昨年の2017年の元旦は、化粧品メーカーのPOLAから「シワを改善する」と打ち出した薬用美容液「リンクルショット」の大きな新聞広告が出てました。

「シワを…改善する…マジかあああ!」という衝撃。実はこの美容液が発売される話は、ちょっと前から知ってはいたのですが、ついに発売されたこととあまりの広告の大きさに、2017年の化粧品業界どうなるんだ!というワクワク感。うちの姉(アラフォー)も「なにこれ、よさそう~」と、食いついていたので、こりゃ売れるかも…と思ったら、期待にもれず大ヒットでしたね。

その後は、資生堂のエリクシールからもシワを改善する美容クリームが出たので、『POLA vs資生堂』の全面戦争だ!と、美容業界にいる身としては胸アツな展開でした。ただ、この話って美容や化粧品にかかわる業界では大盛り上がりだけど、もっと一般の人たちも知ってほしい…これがどんなにすごいかということを!

といっても、どちらの商品も使ったことがないので…えらそうなことが書けません(汗)実際のところ、効果はどんなものなんだろう??それなりに根気よく使い続ける必要があると思いますが。

ただ、これだけは言いたい。大々的に「シワを改善する」と打ち出している薬用化粧品ということは、厚生労働省が承認したという意味でもあるわけなので、これを試さないのは本当にもったいない。「じゃあおまえが使えよ!」と、心の中でセルフツッコミを入れてしまったので、今年はちゃんと買って使ってみようかと思います。

きっと未来の化粧品は、どんなシミやシワもケアできちゃうんだろうなーと都合の良い妄想話が「そうなるかも!」と考えさせられた2017年でした。2018年はイヌ年!そして私、年男!いよいよスキンケアがんばってみるのに良い具合かも。

編集部マツ

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー