水菜の旬と効能、品種と調理法

この記事の監修者

野菜ソムリエ吉田めぐみ

水菜は原産地が日本の冬の野菜です。京都の伝統野菜でもあるので、京都府を主に、関西地方中心に各地で栽培されています。

京菜や京水菜と呼ばれる事もあります。独特な辛味と熱を加えても持続するシャキシャキ感が特徴です。また、水菜は、緑黄色野菜に分類されます。カロテンを始めとした、豊富な栄養素が含まれています。さらに、肉や魚の臭みを消す効果があるので、鍋物に主に使われる事が多かったのですが、サラダでも美味しく食べられることから、人気になりました。

主な栄養素

カロテン、カルシウム、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、鉄分、葉酸

食材の栄養成分と効能

見た目、華奢で繊細な印象の水菜ですが、それとは裏腹に、カロテンやカルシウムが豊富な緑黄色野菜のひとつです。また、ビタミンCやE、食物繊維も豊富で、美肌作りに大変効果的です。
さらに貧血気味の人にはぜひ摂取していただきたい鉄分や、造血作用のある葉酸も含んでいます。
鉄分はビタミンCと一緒に摂取することで、吸収されやすくなりますが、水菜には両方含まれているので、鉄分をとても効率的に摂取することができます。

11月頃から2月頃まで

お店での選び方

葉の緑色が鮮やかで、茎の白とのコントラストがはっきりしているもの。葉や茎に張りがあり、葉先までピンとまっすぐなもの。根元が変色していないもの。真っ白いものが良いものです。

品種と特徴

晩生種京菜

一般的に流通しているのは早生種なので、細くてやわらかいのですが、こちらの晩生種は、葉がかたく、大株になるので、漬け物向き。

水菜の新芽

水菜のスプラウト。ぴりっとした辛味が特徴。サラダなどの生食向き。

壬生菜

水菜の自然交配でできた品種。千枚漬けに必ず壬生菜の塩漬けが添えられます。水菜よりクセがあるが、葉がやわらかいという特徴が。浅漬け向き。

保存の仕方

古くなると水分が失われ葉が弱々しくなってしまうので、葉先を乾燥させないようぬらした新聞紙にくるんでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。なるべく早めに食べるようにしましょう。

下処理

根元をよく洗う

根元の土が取りにくいので、水をためたボウルの中でふり洗いをするか、流水でよく洗う。または、根元を切り落としてから、もう一度よく根元部分を洗う。

切り方

ざく切り

・根元の土が取りにくいので、しっかり洗う。

・用途によって、長さを変える。(鍋物以外の用途なら4〜5cm。鍋なら、それよりも少し長く切るとよい。)

【手順】

1.よく洗った水菜を寝かせるようにまな板にのせる。
2.左手でぐらつかないように、しっかり固定し、根元を切り落とす。
3.必要ならばここでもう一度根元を洗い、再びまな板にのせたら、用途に合った長さに切る。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン