スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

サプリメントが引き起こすアレルギー症状

更新日:2016/12/09 公開日:2013/07/30

サプリに潜む罠

サプリメントを摂取する上で、気をつけなければいけないのがアレルギーです。サプリメントは「健康食品」だから、摂取してもからだに異常が出ることはないと、成分を気にせず口にしてしまいがち。しかし、サプリメントには多種多様な成分が含まれており、アレルギー反応を起こす場合もあります。そのため、誰でも摂取して大丈夫ということはありません。

アレルギーの原因は人それぞれで、何がその人にとってのアレルゲン(アレルギーを誘発させる原因物質)になるのかは、その人次第なのです。アレルギー体質の方は、たいてい自分のアレルゲンを知っているので、何かを口にするときは、その食品を避けて食べることでしょう。

サプリメントについても「健康食品」という名前にだまされず、表示されている原材料をしっかり確認して、アレルギー反応の出るものが入っていないかを確認しましょう。

サプリにはどんなアレルゲンが入っているのか?

大豆、牛乳、卵は三大アレルゲンと呼ばれ、アレルギー反応が出てしまう体質の方はたくさんいます。アレルギーというのは、タンパク質が原因で反応が出ることが多いので、仕方ないことなのでしょうが、これらの食材はわたしたちの食生活に根付いているため、これらを避けた食事をするのは本当に難しいものです。ですから、これらに対するアレルギー体質の方は日頃から十分注意しているかと思いますが、当然サプリメントにおいても気をつけなければなりません。

特にサプリメントにおいて大豆はとても人気の食材なので、サプリメントでは「大豆たんぱく質」などと表記されて大豆の成分が用いられています。原材料をよく見てみる必要があります。 また、食材以外にも注意が必要です。サプリメントには、防腐剤や人工香料、合成着色料などの天然栄養素以外のものが入っている場合があるということを知っておかなければなりません。

健康食品という言葉から誤解されがちですが、サプリメントに入っているのは、必ずしも天然の栄養素だけではないのです。これらの加工物が原因で、抗体ができてアレルギーを引き起こしてしまう方もいらっしゃるので、たとえ今はアレルギーがない、という方にも注意が必要です。

カテゴリー