スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

便秘の薬(2)センノシド

更新日:2017/09/05 公開日:2014/02/27

センノシドはセンナの成分

センノシドは、その名前からも想像できるとおり、便秘薬や便秘茶などに配合されているセンナに含まれている成分です。センノシドは高い下剤効果をもっているため、多くの便秘薬や下剤に配合されています。

センナについて詳しくは、『便秘の薬(1)センナ』で詳しく解説しています。

 

センノシドが便秘に効く理由

センノシドは、大腸を刺激することで排便を促す成分です。大腸内に入ると、センノシドは腸内細菌の働きでレインアンスロンという物質に変わり、レインアンスロンが腸を刺激します。また、水分の吸収を高める作用があるため、便を柔らかくし、排便しやすい状態にします。

効果が現れるのは、服用から8~10時間後と早く、すみやかに便秘のつらさから解放されたいというときには最適です。また、便秘薬としての役割だけでなく、手術前後の処置として用いたり、健康診断などで服用したバリウムを排出させるのに用いられます。

どのような便秘に効果があるか

センノシドは、大腸を直接刺激することで排便を促す成分ですので、慢性便秘に効果があるとされています。ただし、便秘症の種類によっては効果のない事もあり注意が必要です。

センノシドを使用する際の注意点

センノシドは便秘自体を解決する薬ではなく、下剤として一時的に利用するのに適している成分です。そのため常用することは避けなければなりません。人間の身体は、刺激に慣れやすくできています。どれだけ効果的な薬であっても、使い続けていると慣れてしまい、下剤がないと排便できない「下剤依存症」になる危険があります。

また、便秘と下痢をくりかえすような「痙攣性便秘」には効き目がありません。それどころか、かえって便秘を深刻にさせる危険性もあります。センノシドを服用しても効果が現れない場合には、痙攣性便秘の可能性もあるため、すぐに服用を中止し、病院を受診しましょう。

センノシドの副作用

副作用としては、腹痛や下痢を引き起こすことがあるので、センノシド系の薬を服用するときは、少量から飲み始めるとよいでしょう。

食事や生活習慣の改善など、便秘対策はしっかりと

センノシドの利用は対症療法であり、根本的な原因を断つことにはつながりません。センノシドは、どうしてもというときに使用するにとどめ、生活習慣や食生活などを見直し、根本的に便秘を改善するよう心がけることが大切です。

カテゴリー