スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

アトピー肌の化粧品選び(1)クレンジング

更新日:2016/12/09 公開日:2014/05/01

アトピー肌の化粧品選び(1)クレンジング

アトピー肌は基本的にクレンジング剤を使用しないようがよい

水で洗い流せるクレンジング剤には、当然ながら洗浄成分である界面活性剤や添加物が含まれています。健全なお肌であれば問題はなくても、デリケートなアトピー性皮膚炎のお肌には、大きな負担になることがあります。

そのため、アトピーが悪化している時はもちろん、調子が良い時も、基本的には一般的に販売されているクレンジング剤は使用しない方が安心です。

アトピー肌が選ぶべきクレンジング剤

基本的には、水で洗い流せるタイプのクレンジング剤ではなく、界面活性剤の含まれていないオイルを使ってメイクを落とすようにしましょう。

特にお肌が敏感な時は、余計な添加物が一切入っていない、オイルを使うことをオススメします。

クレンジングに使用するオイルの条件

オイルを選ぶ場合は、以下のようなポイントを重視して選ぶようにしましょう。

(1)香料や防腐剤など、肌の刺激となりうる添加物が入っていない

アトピー性皮膚炎の皮膚はバリア機能が弱く、ちょっとした刺激で湿疹や皮膚炎が発症することがあります。添加物が少ないものを選び、アトピーが悪化するリスクを減らしましょう。

(2)酸化しにくい

添加物は含まれていなくても、過酸化脂質を生成する酸化した油分はお肌に悪影響を与えます。過酸化脂質が皮膚に浸透すると、角質層の細胞間脂質を過酸化脂質へと変化させ、角質層のバリア機能や水分保持力を低下させてしまいます。

(3)精製度が高く、不純物がなるべく含まれていない

「口に入れても安心」というと、お肌にも優しいような印象がありますが、実はそうではありません。食用の油は化粧品用のオイルと比べて精製度が低く、不純物がたくさん含まれています。

不純物の多いオイルは酸化しやすいですし、不純物がアレルゲンとなってアレルギー反応を引き起こす場合がありますので、クレンジングなどのスキンケアには使わないようにしてください。

(4)なめらかで、すべりが良い

クレンジングに使うオイルがお肌に優しくても、こすってしまうと、角質層に物理的なダメージが加わります。摩擦を回避するため、すべりが良く、たっぷり使えるものを選ぶようにしましょう。

これらのポイントからクレンジング剤として使うオイルを選び、メーカーの推奨する使用期限内に使い切るようにしましょう。使用期限を過ぎたら、余っていてもったいなくても、新しいものに替えるようにしてください。

また、無添加で精製度の高い化粧オイルを使用する場合でも、必ず事前にパッチテストを行いましょう。

アトピー性皮膚炎の症状がひどい場合

アトピー性皮膚炎の方のケアで最も大切なことは、なるべく肌に刺激となりうるものは避けることです。

アトピーの症状が悪化しているときは、ファンデーションやポイントメイクが刺激にとなる場合があります。症状がひどいときには、肌への負担を減らすためにメイクそのものを控えるようにしてください。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー