スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ほうれい線(法令線)対策に効果的な美容液の選び方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/01

ほうれい線ができる主な原因としてあげられるのが「たるみ」ですが、その「たるみ」ができる原因は加齢によるものだけではありません。

たるみについて

たるみの原因とは

皮膚の弾力がなくなってきたために起こるたるみは、主に目の下、まぶた、頬に起きやすいです。原因として加齢があげられますが、それだけでなく紫外線などにより活性酸素が余分に発生すると、コラーゲンが破壊されてしまうのです。

コラーゲンはご存知の通り肌の弾力には欠かせない成分です。コラーゲンが破壊されないように、日々の生活の中でも紫外線から肌を守る努力をしておかなくてはなりません。

また、コラーゲンの破壊以外にも、姿勢の悪さによる下方向への引っ張りも原因の1つです。歩く時に猫背になっていたり、PCやスマートフォンのやりすぎで、姿勢の悪さが若い人でもうかがえるようになってしまいました。

従ってたるみが起こるのが、加齢によるもののみとも言えない現象が起きており、若い人でもほうれい線が目立ってきているのです。

肌の保湿の有用性

肌を保湿することによって、根本からほうれい線を消すということはできません。なぜなら化粧品による保湿というのは、乾燥によって肌にできる浅いシワなどの老化予防にしかならないからです。

できてしまったほうれい線を根本から消すことができなかったとしても、肌を保湿することや顔のエクササイズをすることで、加齢が原因のほうれい線を予防し、ケアすることが期待できます。更にひどいほうれい線になってしまう前に、しっかりとした保湿を行うことが大切になるのです。

美容液の選び方

化粧水はご存知の通りさらりとした水分でできており、肌に水分を与えたり、ニキビなどをできにくくしたりする効果があります。美容液の役割は、美容液に含まれる成分を効果的に角質層に届けることです。美容液はその成分と、成分を角質層へ届けるのに適したテクスチャのものを選ぶ必要があります。

セラミド配合美容液

セラミドとは角質細胞間に存在する細胞間脂質の約40~50%を占める重要な成分です。セラミドにはいくつかの種類が存在するので、どのようなものを選ぶのかによって成果が変わってきます。

ヒト型セラミド(バイオセラミド)は人間の角質層に存在するセラミドと同じ化学構造を持つセラミドです。酵母を利用して作られたもので、保湿力が高いのが特徴です。

疑似セラミド(石油原料から化学合成したセラミド)や植物性セラミド(米ぬか油、小麦麦芽油から抽出したセラミド)も存在しますが、保湿力はヒト型セラミドよりも劣ると言われているので注意して下さい。

アルジルリン配合美容液

アルジルリンは表情筋に働きかけ、筋肉の収縮を減少させる植物由来のアミノ酸です。ボトックス注射と同様の薬理作用があり、ボトックス注射よりもマイルドな作用でシワやたるみのケアサポートが期待できます。

深いシワに悩んでいる場合は、アルジルリンを試してみるのも良いかもしれません。

しかし、これだけでほうれい線が完全に消えるという訳ではありません。

化粧品は基本的には肌の角質層までしか浸透しないので、もっと深いところに刻まれてしまったシワを消し去ることはできません。

これ以上ひどくならないための予防と考えるのが良いでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー