スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

たるみに効果的な美容液の選び方

更新日:2017/04/28 公開日:2014/06/01

たるみの原因

肌がたるんでくるとほうれい線もはっきりとわかるようになってくるので、年齢よりも老けて見られがちになります。

加齢によるたるみ

加齢による肌が老化し、たるみが生じるのは避けて通れないものです。また、紫外線の影響や栄養バランスの崩れた食生活、長年の生活環境、表情くせなど複数の原因が複合的に影響して、たるみが生じます。

肌弾力の低下によるたるみ

肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、加齢ともに減少します。また、紫外線などの外部刺激も、これらの物質を破壊してしまいます。

コラーゲンやエラスチンが減ると、重力に逆らってぴんと張る肌の力が衰えてしまいます。また、ヒアルロン酸は水分保持能力が高い成分ですので、これが減少すると肌内の水分量が減り、やはりたるみを引き起こします。

表情筋の衰えによるたるみ

顔の筋肉は、生活の中で作る表情により鍛えられます。よって、無表情で顔の筋肉を動かさない生活をしていると、表情筋も他の筋肉と同様に衰えていきます。「笑う」という表情は、他のどの表情よりも顔の筋肉を動かします。笑いの絶えない楽しい生活を送ることも、たるみ予防の一環になるようです。

姿勢の悪さによるたるみ

猫背にしていたり、うつむき加減で生活しているといつの間にか首に深いシワが入ったりフェイスラインが崩れてきます。

また、猫背は首を必要以上に前に突き出している状態なので、顔の皮膚が下方向へ引っ張られ、たるみをより助長してしまいます。これは、年齢に関係なく、若い人でも起こるたるみの原因の1つです。普段の生活から、姿勢が悪くならないように気をつけましょう。

たるみに効果的な美容液の選び方

美容液を使うことにより、多少なりともたるみを防止することができます。しかし、全ての原因によるたるみを美容液で防げるわけではありません。美容液でできるたるみ予防は、「乾燥対策」です。

乾燥対策に効果的な美容液の選び方

肌の保湿には、適度な皮脂の分泌が必要です。しかし、過剰な洗顔やクレンジング、では、汚れ以外にも肌を守るために必要な皮脂や成分まで落としてしまい、乾燥を促進させてしまいます。まずは、肌をこすり過ぎたりしないよう、正しい洗顔を心がけましょう。

しかし、どれだけ気をつけて洗顔をしても、ある程度の皮脂や成分は流れ落ちてしまいます。そして、これが回復するには24時間ほどかかるといわれています。よって、回復する前の無防備な肌を守るために、保湿化粧品を使用します。

保湿目的で美容液を選ぶ時は、ヒアルロン酸配合のものを選ぶとよいでしょう。ヒアルロン酸は水分保持に優れた成分なので、美容液で補うことで水分をしっかり保つことができます。また、乾燥肌の方は、刺激が少なく、皮脂を落としすぎない洗顔料を選び、肌に負担がかからないよう、しっかりと泡立て洗顔を行ないスキンケアを行なっていきます。

化粧品による肌への悪影響

化粧品会社が薦めるスキンケアでは、何種類もの化粧品を肌につけることを推奨している場合があります。しかし、それこそが乾燥を助長している可能性があります。何種類もの化粧品を肌にすり込むという動作が、肌が本来持っている保湿成分をこすり取るものになっている場合があるためです。

また、化粧品に含まれる成分を重ねることによって、肌に有害な量になってしまう可能性もあります。化粧品の厚塗りは極力避け、ナチュラルメイクをこころがけましょう。

化粧品を選ぶ際にも、天然成分が由来の化粧品かどうかもチェックするとよいでしょう。美容液に含まれる成分が肌に合っていないと、肌トラブルの原因となったり、ケアしているつもりでも老化を助長していたなんてこともあります。

たるみ予防に効果的な成分「アルジルリン」

化粧品を購入する際に、含まれる成分を知っておくことがとても大切です。ほうれい線とともにたるみにも効果的とされている「アルジルリン」は、塗るボトックスともいわれています。肌のハリを与えてくれる成分として、試してみるのもよいかもしれません。

しかし、基本的には化粧品は角質層までにしか浸透しませんので、保湿することによる予防でしかないということを知っておきましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー