スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

活性酸素でシミができるメカニズム

更新日:2017/03/23 公開日:2014/06/01

活性酸素はシミの原因の1つ

活性酸素はあらゆる老化現象の原因と考えられています。体内の活性酸素が増えすぎると細胞が酸化してしまうためです。そのため近年は、「抗酸化」というキーワードが注目されています。

お肌のシミも例外ではありません。紫外線を浴びることで体内の活性酸素が増加し、それがシミの発生へと繋がると考えられているのです。

ここでは、活性酸素によってシミが作られるメカニズムを、さらに細かにみていきましょう。

活性酸素がシミを作るメカニズム

紫外線が活性酸素を増やす

まずは、紫外線によって活性酸素が増える理由から理解しましょう。

活性酸素には、体内に入り込んだばい菌や細菌から細胞から身を守る働きがあるという研究結果があり、その効果が期待されています。紫外線には、人体にとって有害な物質が数多く含まれており、紫外線を浴びるとその害から身体を守るために、大量の活性酸素が生まれると考えられているのです。

※紫外線と活性酸素の関係についてより詳しくは『紫外線と活性酸素の関係』をあわせてご参照ください。

実は身体を守っているメラニン色素

しかし、活性酸素は適量でなくては身体を守ってくれず、必要以上に増えすぎると、その力が強力すぎることでかえって体細胞にダメージを与えてしまうことになり、これが細胞の老化の原因になっていると考えられています。

そんな活性酸素のダメージを緩和すると期待されている物質が、メラノサイトという細胞です。メラノサイトは、メラニン色素を作っていることでよく知られているでしょう。

メラニン色素と言えばシミの原因となる色素ですから、こちらも悪者のイメージが強いかもしれません。ところが、メラニン色素がなかったら肌細胞はもっとボロボロに老化してしまっているはずです。

メラニン色素は、活性酸素から受けるダメージを引き受けてくれていると考えられています。日焼けすると肌が黒くなるのは、メラニン色素が酸化することによって肌細胞への被害を防いでいるからです。色素沈着そのものは、紫外線から身体を守ろうとしてくれた証だということがわかるでしょう。

メラニン色素が多すぎるとシミになる

通常の日焼けであれば、新陳代謝によって肌の細胞は生まれ変わるので、やがて元の色の肌へと戻ります。

ところが、あまりにもメラニン色素がたくさん作られてしまうと、新陳代謝が機能しきれず、色素が残ってしまうことになります。これがシミの正体と考えられています。年を取るとシミができやすくなるのも、老化によって新陳代謝の機能が弱まっているからです。

過脂化が原因の可能性も

もう1つ、シミができやすい理由としては、過脂化をあげることもできます。

活性酸素は皮膚の脂質を酸化させ、酸化によって発生した過酸化脂質は自然に体内から排出されることがほとんどないため、蓄積されていくことになります。過酸化脂質となった部分にメラニン色素が集まってしまうと、新陳代謝がうまく機能せず、シミの温床となると考えられています。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー