スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

水素水の効能と活性酸素との関係

抗酸化作用のある成分として、近年になって高い注目を浴びているのが水素水です。マイナス水素イオンには、活性酸素を中和する働きがあることがわかったため、水に水素を溶かした水素水への期待が高まっているのです。

活性酸素というのは、酸化力が非常に強力な酸素のことで、エネルギー代謝の際などに体内で発生するものです。また、紫外線を浴びたときやストレスを感じたときなどにも活性酸素は増えます。

本来、活性酸素は身体の細胞を外部の刺激から守ってくれるガードマンのような役割をしています。ところが必要以上に増えてしまうと、その強力な酸化作用が細胞にダメージを与えてしまうのです。

増えすぎた活性酸素は老化や生活習慣病などの病気になります。そのため、活性酸素の増加を抑制してくれる抗酸化物質への注目が高まっているというわけです。

水素には抗酸化作用と抗炎症作用がありますので、シミやシワ、肌荒れといった肌トラブルを防いで、美しい肌のキープに一役買ってくれることでしょう。

水素水の特徴

分子が小さく、身体の隅々に浸透

しかし、抗酸化作用のある食品はほかにもたくさんあります。どこにでも売っている食品でもっと手軽に摂取することも可能です。どうして今、水素水がここまで注目を浴びているのでしょうか?

それは、水素には身体の隅々まで行き渡るという特徴があるためです。

理科の授業で学んだように、水素の分子は、地球上のあらゆる物質の中で最も小さくできています。そのため、非常に拡散性が高く、細部までしっかりと浸透してくれるのです。

水にも油にも溶ける

もう1つ見逃せない性質としては、水にも油にも溶けるという点です。人間の細胞は、内側は水で満たされているにもかかわらず、外を覆う細胞膜は油でできています。そのため、細胞の内外に抗酸化作用を届かせるためには、水溶性のものと脂溶性のものを両方摂らなければなりません。

ところが水素であれば、両方に溶けますから単独でもしっかりと活性酸素を除去することができます。

多く飲んでも害はなし

何よりも魅力的なのは無害だという点です。人体に入っても悪さをしませんし、必要な分まで活性酸素を除去してしまうこともありません。多く摂取しすぎたとしても、すぐに体外に排出されますから、心配はいりません。

毎日、水素水を効果的にとり入れるには

水素水の選び方

水素水は有名・無名を問わずさまざまなメーカーから販売されています。まだ研究途上ということもあり、あまり効果の期待できない商品が出回っていることもまた事実です。

選ぶ際のポイントとしては、水素濃度データをしっかりと開示しているメーカーを選ぶようにするとハズレは少ないでしょう。また、長期間にわたって水素水を販売し続けているメーカーも信頼できるポイントです。

また、アルミパウチに入れて販売されているもののほうが水素の力が衰えにくいようです。

水素水の飲み方

水素水は常温か、ほんのわずかにだけ温めた状態で飲むと効果的です。沸騰させてしまうと水素が減ってしまうので、水素水の意味がなくなってしまいます。温める場合は、湯煎にするとよいでしょう。

おことわり

  1. 1.一部、「水素」が持つ効能・効果についても言及しております。文章中に明記しておりますが、混同しないようご注意ください。
  2. 2. 当コンテンツ内で言及している「水素水」は、2015年まで分子状水素医学シンポジウム(現・日本分子状水素医学生物学会)が定めていた最低基準(水素含有量0.08ppm以上)にあてはまるものです。なお、水素水の濃度の基準については、2017年3月現在、公的な定義等はありません。市場流通後における水素の含有量は販売元により異なると考えられますので、十分ご注意ください。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー