スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

「足がつる(こむら返り)」とはどういう症状?

更新日:2018/06/13 公開日:2014/06/05

こむら返り・足がつる原因

足がつる、こむら返りとは、急に痛みを伴って足の筋肉が収縮したり、痙攣(けいれん)を起こしたりする症状です。足がつる(こむら返り)の症状が起きる部位、起きやすいシーンなどをドクター監修の記事で紹介します。

足がつる(こむら返り)

特に疲れが溜まっている時期、寝ているときに片足のふくらはぎがピキーンと固くなって、しばらく足を動かせなくなったという経験をしたことはありませんか?いわゆる足がつった状態のことです。

「足がつる」とは、筋肉が急に異常に収縮したり、痙攣(けいれん)したりすることです。非常に強い痛みを伴うこともあります。「足がつる」の他にも「こむら返り」や「有痛性筋痙攣」とも呼ばれます。

今回は、この「足がつる(こむら返り)」とはどのような症状なのかを紹介します。

足がつる、こむら返りの症状

急に強い痛みを伴って、自分の意志とは関係なく、足の筋肉が異常に収縮したり、痙攣(けいれん)したりするのが、足がつったときや、こむら返りが起きたときの症状です。ときには、しびれを感じることもあります。筋肉が固くなって動かしづらくなります。

足がつる、こむら返りが起きる部位は?

一般的に、足がつる場所はふくらはぎに限らず、足の側面や足の指、腱(けん)などにも起こります。

また、足がつることを「こむら返り」とも呼びますが、「こむら」とは「腓」と書き、いわゆる「ふくらはぎ」のことを指します。

こむら返りは足だけでなく、手や首、腹、背部などにも起こると言われています。

足がつる、こむら返りが起きやすいとき

足がつる、こむら返りは以下のようなときに起きやすくなります。

  • 睡眠中
  • 水分不足になっているとき
  • カリウムやナトリウムなど電解質が不足しているとき
  • 足を動かす運動をしたとき(サッカー、テニス、ジョギング、エクササイズなど)
  • 足の血流が悪くなっているとき
  • 神経障害があるとき
  • 妊娠中
  • 薬の副作用によって

突如として襲う、足のつり(こむら返り)。初めてのときはびっくりするかもしれませんが、対処方法はあるので、慌てず慎重にケアしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

ヘルスケア本