スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脇が臭う!外出先で臭いが気になるときの対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

脇が臭う!外出先で臭いが気になるときの対処法

脇の臭いケア対策としては、細菌の繁殖原因となる汗を放置しないことです。細菌の繁殖を抑えるための確実な方法は、汗をかいたらその都度対策することです。

ここでは、外出先で汗の臭いを防ぐ手軽で簡単な方法を紹介します。

こまめに汗を拭く

汗を取り除くためには、ハンカチよりも吸水性の高いタオルなどを使用するのが良いでしょう。乾いている状態よりも、一度濡らして固く絞ってから使うのがオススメです。「タオルはかさばるから」という方は、カット綿やコットンなどを濡らして使ってください。 

また、汗を拭くときはゴシゴシ擦らないよう注意してください。汗腺はとてもデリケートですので、摩擦による刺激で傷めてしまいます。上からトントンと軽く押し当てる程度でも汗を拭えますので、優しく取り除いてください。

臭いも気になる方は

汗と同時に臭いも気になる方で皮膚が比較的丈夫な方は、殺菌効果のある市販の消毒用アルコールを0.02~0.05%程度に薄めたものをスプレーボトルなどに入れて持ち歩くと良いでしょう。気になったときに、カット綿やコットン、ティッシュなどにスプレーして脇の下を拭くことで細菌の繁殖を防げます。

ただし、脇の下の皮膚は柔らかくデリケートです。痒みやヒリヒリ感が出てしまった場合は、濡れたティッシュなどで拭き取り、使用を中止してください。

汗がひいても油断をしないで

たとえ汗をかいても冷房の効いた涼しい場所に入った途端、それまでの汗を忘れてしまう…ありがちなケースではないでしょうか。しかし、汗がひいても皮膚の上には汗の成分が残っています。これも臭いの原因になりますので、忘れずに拭き取ってください。

汗を吸収するパッドを活用

汗を何かで吸い取るということから、洋服に貼り付けるパッドもオススメです。最近のものは抗菌効果もあって、色も大きさもバラエティに富んで目立たないものが増えています。汗や臭いを抑えるだけでなく、洋服の汗染みを防ぐためにも有効的です。

デオドラント剤の使い過ぎに注意

汗や臭いの対策として、市販のデオドラント剤の活用はポピュラーな方法です。しかし、あまり使い過ぎると、肌の負担となって肌荒れやかぶれを起こすことがありますので注意しましょう。

また、何種類も重ね付けすると、個々の香りが混ざってかえって嫌な臭いになる場合もあります。

精神性発汗の方は

これらの方法を行う時、汗や脇の下に意識が集中してしまうことで汗が出てしまう、という精神性発汗の方は少し注意が必要です。

例えば、汗を拭くにしても拭き続けている間はずっと頭の中が汗のことでいっぱいです。考えれば考えるほど、ますます汗が出てしまうという悪循環に陥るパターンも少なくありません。

そのため精神性発汗の方が汗取り用のパッドを朝から晩まで長時間に渡って使用することはオススメできません。精神性発汗の方は、できるだけ汗や脇から意識を離れさせるための工夫をしましょう。汗取りパッドは会議中だけとか、人と会っているときだけ、と限定的に使うことをオススメします。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー