スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

クローブの効果・特徴と使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

クローブの効果・特徴と使い方

スパイス(香辛料)として料理に使われることが多い、クローブ。インドカレーや肉料理、チャイの香り付けなど用途が多いクローブは、漢方薬としても用いられてきました。

クローブはお口のケアに最適

クローブは、学名を「Eugenia caryophyllata」や「Syzygium aromaricum」という、フトモモ科の植物。インドネシア原産の高さ10m程にもなる常緑樹です。釘に似た形状のつぼみを付けるのが特徴的で、中国では釘を意味する「丁香」や「丁子」と名付けられています。

クローブは中国では古くから生薬として珍重され、歯痛を和らげたいときにクローブのつぼみを噛みしめるなどしていました。特に紀元前3世紀頃の前漢時代では、宮廷に仕える人間は自分の息をクローブで薫らせてから皇帝の前に出ることが義務付けられていました。

このような利用法は現代にも受け継がれており、歯磨きペーストの原料として使われることがあります。

平安時代の日本でも「丁子」と呼ばれ、香料や染料、薬、防腐剤として利用されてきた歴史があり、源氏物語にもその名が登場しています。

スパイシーな香りで、鎮痛作用に優れている「クローブ」

クローブの精油は花のつぼみから水蒸気蒸留法で抽出され、マダガスカルなどで生産されています。独特のスパイシーな香りを持ち、やや時間が経ってから立ち上がるミドル~ベースノートです。成分は8割がオイゲノール、残りは酢酸オイゲノールやカリオフィレンなどです。

オイゲノールの作用は主に鎮痙攣作用と鎮痛作用が知られています。昔から使われている歯痛のほか、頭痛や関節痛にも効果的です。

クローブには強い高揚特性もあり、うつ気味なときや気力がなくなったときに刺激を与えてくれます。また、優れた防虫作用があるので、お部屋に香らせておくと虫よけとしても使用できます。特にゴキブリの嫌いな香りとしてもクローブは有名です。

カビ臭さを抑える作用もあるため、ルームフレグランスとしてオススメです。抗菌特性により、カビの増殖を抑える効果があります。梅雨のじめじめする時期などは特に、クローゼットや靴箱、押し入れなどにクローブの精油をしみこませたコットンなどをしのばせておくと、衣類や布団類を虫やカビから守る効果が期待できます。

しかし、クローブの精油は刺激がとても強いので使用する際は、濃度に注意が必要です。スキンケアにクローブの精油を使う場合は、他の精油ならばボディ用は1%以下、顔用は0.5%以下の濃度とされていますが、クローブはこの半分程度から始め、様子を見ながら調節しましょう。

優れた抗菌、抗真菌、消毒作用により、ニキビや吹き出物、水虫の改善、皮膚の感染症に効果が期待できます。

勉強や仕事をはかどらせたいときには、ローズマリーとブレンドするのがオススメです。その他に柑橘系のオレンジスイートやシナモンとの相性も良いのでこちらもオススメです。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー