スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

フランキンセンスの効果・特徴と使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

フランキンセンスの効果・特徴と使い方

日本人にはあまり馴染みのない名の樹木、フランキンセンス。しかし聖書にも登場するといった神秘的なエピソードをもち、その樹脂から生まれる複雑な世界観をもつ香りに根強いファンも多い精油です。

「真の香り」という名を持つ、スパイシーな甘さのある香り

フランキンセンスは学名を「Boswellia carterii」という10m程に成長するカンラン科の木で、暑くて乾燥している場所に育ちます。

フランキンセンスの名は、中世フランス語で「真の香り」という意味から付けられました。フランキンセンスの木に傷を付けるとミルク色の樹液(樹脂)がにじみ出ることから、その樹脂を「乳香」、木そのものは乳香樹とも呼ばれます。別名、「オリバナム」とラテン語で呼ばれることもあります。

この樹脂を1ヶ月以上乾燥させ、しっかり固まってから水蒸気蒸留により精油を抽出します。香りは立ち上がりの早いトップから長く続くベースノート。ウッディーでスパイシーな香りのなかにかすかな甘みや酸味を含む、独特の豊かな印象がある精油です。ソマリア、エチオピア、イラン、レバノンで生産されています。

心身の浄化作用に優れ、瞑想に使われるフランキンセンス

フランキンセンスは、紀元前から神への捧げものや瞑想、心身の浄化、医療、美容などさまざまな用途に使われてきた貴重なものでした。黄金なみに高価であったとされ、イエス・キリストが誕生した際、東方の三博士がフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)と金を捧げたエピソードが新約聖書に記されています。

精油の主な成分のα-ピネンは、強壮作用が知られています。瞑想の際に使われてきたのは、フランキンセンスの鎮静作用や、不安、強迫観念、緊張、抑うつを和らげる効果によるものです。パニックに陥ったときに呼吸を整え、気持ちを落ち着かせるのに最適です。

その他に、抗菌作用や免疫力を高める作用もあります。のどの粘膜や気管支にも良いので、風邪の症状を和らげるのに役立つでしょう。呼吸をゆっくりと深く整える働きがあるので、ぜんそくの方にもオススメです。

フランキンセンスのエイジングケア効果に期待

ホホバオイルなどのキャリアオイルでボディ用なら1%以下、顔用なら0.5%以下にフランキンセンスの精油を希釈してトリートメントオイルを作り、スキンケアに利用できます。

収れん作用や皮膚細胞の成長を促す作用があるので、シワやたるみの気になる方にぴったりです。乾燥肌や年齢肌対策にもフランキンセンスを使用したスキンケアを試してみる価値はあるでしょう。

ブレンドで相性が良いのは、ラベンダーやゼラニウムなどのフローラル系の香り、柑橘系のオレンジなどが挙げられます。フランキンセンスの個性豊かな香りに明るさが加わり、緊張や不安を取り除くのに役立ってくれます。

ミルラやサンダルウッドとのオリエンタル度の増す組み合わせは、精神的落ち着きがさらに深まるでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー