スキンケア大学 メンズスキンケア大学

ヘルニアの鍼灸・鍼治療

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

ヘルニアの鍼灸・鍼治療

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、椎間板(背骨と背骨の間にあるクッションの役割をする軟骨)が体重増加や激しい運動などで飛び出してしまい、すぐ近くの神経を圧迫することにより、激しい痛みやしびれを引き起こす症状です。

椎間板ヘルニアの症状

なぜヘルニアが起こるのか、その原因は定かではありませんが、重い物を持ち上げる、長い時間座り続けるデスクワークや車の運転、スポーツなどで過剰に腰椎に負担がかかることから起こるのではないかと考えられています。

椎間板ヘルニアでは、その症状として腰痛やギックリ腰と似た痛みが起こります。症状が重くなると、立っていることや座っていることが辛くなる、寝ていても痛みで目覚める、歩行が困難になるなど、日常生活に支障を来す場合もあります。また、咳やクシャミをすると患部に響き、より痛みが強くなります。

椎間板ヘルニアで神経が圧迫されると、脚の痛みやしびれ、感覚障害、筋肉の麻痺などが現れます。 一方、脊髄が圧迫された場合、激しく痛むことは少なく、しびれや知覚障害、運動障害などが起こります。そしてこれらの圧迫が、坐骨神経痛の要因の1つとされています。

ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療は手術を行なう療法と手術を行なわない保存療法とがあります。

保存療法

現在は、手術をせずに治療を進めていく保存療法が主流になっています。椎間板ヘルニアによる腰痛や足のしびれ・痛みは非常に激しいこともあり、保存療法では痛みのコントロールが治療の中心になります。整形外科では鎮痛薬や神経ブロック注射を用いますが、鍼治療による痛みの緩和も非常に有効です。

圧迫された神経は興奮し、痛みやしびれを起こす原因となります。針を刺し入れることにより、興奮して過敏になっている神経の沈静化を図ります。

また、痛みのある場所は筋肉が緊張して硬くなっていることが多いので、筋肉を緩めるために、痛む場所に直接、そのほか関連するツボにも針を刺入します。

すると、筋肉が柔らかくなるため血流が良くなり、椎間板にかかった負担が軽減されるため、その結果痛みが緩和されます。また、クッションとしての椎間板の機能が回復し、痛みが楽になります。

鍼を刺すツボや鍼の長さなどは、症状や施術者によって違いはありますが、鍼治療は椎間板ヘルニアの治療には、大変効果のある治療法です。痛みに悩んでいる場合は、治療を受けてみることをオススメします。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー