スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脱毛クリニックでのレーザー脱毛の内容と手順、施術後の経過

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックで行うレーザー脱毛とひとくちに言っても、それぞれのクリニックによって使用しているレーザー機器が違うので、施術にも違いがあります。

レーザー機器によって微妙な違い

現在、医療レーザーの種類は、大別して6つほどあります。どのレーザー機器を使うかは、皮膚の状態や部位などによって変わります。さらに施術後のアフターケア、痛みの緩和に麻酔を使用するかどうかなど、クリニックを選ぶ際には、その辺を意識してチェックするといいでしょう。

まずはカウンセリングでしっかりと確認すること

クリニックでは、きちんと希望を話し、施術内容の説明を受けましょう。肌の悩みや脱毛に関する質問など何でも遠慮せずに聞き、不安を払拭しておくことが大切です。また希望部位の毛の質や肌の状態など、事前に診察を受け、最適な脱毛プランを提示してもらいます。施術後の肌はデリケートになっています。きちんとケアするクリニックかどうかの確認も大切です。また痛みの緩和に麻酔を使っているかどうかも確かめましょう。

レーザー脱毛の流れ

クリニックでは、どのような流れでレーザー脱毛を行うのでしょうか。一連の手順をご紹介します。

<カウンセリング>

適切な施術ができるように、脱毛したい部位の希望や肌の悩みを聞きます。

<剃毛>

毛が伸びていてはレーザー照射ができないので、事前に剃毛を指示するクリニックもあります。

<レーザー照射>

最初にテストを行い、次に本格的な施術を行います。

<アフターケア>

施術後の敏感になった肌に、トリートメントなどを施します。

施術後のアフターケア

レーザー脱毛の施術を受けた後の肌は、とても敏感になっています。施術後はきちんとケアしましょう。

施術当日は、脱毛する部分をゴシゴシ洗わない

脱毛後は肌がデリケートな状態になっているので、照射したところは手やタオルで優しく洗い流す程度にしましょう。

体温が高くなることは避ける

湯船に入る、プールや温泉に行く、汗をかくような激しい運動やお酒などは、赤みが引いてからにしましょう。体温が上がって血流がよくなると、肌の赤みが強くなったり、かゆみの原因にもなります。

日焼けに注意

治療期間中は、照射部位の日焼けに注意しましょう。万一、日焼けしてしまうと、レーザー照射ができない場合があります。

保湿ケアを徹底

レーザー照射後の肌は、乾燥しやすくなっています。乾燥していると皮膚の表面が硬くなったり、毛が自然に抜けるのを妨げる場合があります。

トラブルかなと思ったらクリニックに相談

上記以外に、レーザー照射をしたところが腫れたり、かゆみや痛みがあるなど、万一のトラブルは早めにクリニックに相談しましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー