スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

使い過ぎは小顔に逆効果?美容(美顔)ローラーの正しい使い方

更新日:2017/12/12 公開日:2014/10/01

美顔ローラーを使っていると早い効果を期待するあまり、一日に何度も使いたくなってしまいます。でも、ちょっと待ってください。美容に良いからといって使い過ぎたら逆効果になることも。美容効果を上げるためには、適正な使用頻度があるのです。

簡単コロコロ!美容(美顔)ローラーの使用頻度

正しい使用頻度は、取り扱い説明書に書いてあるとおりです。美顔ローラーは複雑な操作もなく簡単に使えるだけに、説明書をしっかり読まない方が多くいらっしゃるようです。商品によって決められている使用頻度や時間が異なりますので、きちんと説明書を読み、そのとおりに使ってみましょう。

美顔ローラーは毎日使うことが美容効果を上げるポイントのひとつですが、長時間使い過ぎないように気をつけましょう。

使い過ぎは逆効果!美容ローラーの正しい使い方

美顔ローラーは直接肌に当てて使用するので、使い方を間違えると、乾燥やシワ、赤み、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルを招いてしまうこともあります。

肌の上を転がすと、どうしても摩擦が生じてしまいます。力を入れて強く転がしたり、決められた時間以上使い続けていると、摩擦による刺激により角質がはがれ、キメが粗くなってしまいます。キメが粗くなった肌は、かさつきや粉ふきといった酷い乾燥状態になります。

さらに、このような肌への強い刺激によりメラニン色素を生成する細胞のメラノサイトの働きが活発になり、シミが増えることもあります。また、強く押されることによって、肌の弾力を保つ役割を持つコラーゲンが、その弾力を失い、たるみを起こしてしまうことも考えられます。

いつでもどこでも手軽に使える美顔ローラーは、効果を焦るあまり使い過ぎてしまいがちですが、その美容効果を十分に発揮させるためには、適正な使用頻度を守ることがとても重要です。

しかし、肌の状態は人によってそれぞれ違いがあります。説明書どおりに使っていても肌に違和感を感じたり肌トラブルが生じた場合は、使用回数を減らすか使用を控えるようにしましょう。

カテゴリー