スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮にかゆみがある場合のシャンプーの選び方

更新日:2017/09/07 公開日:2014/10/01

頭皮にかゆみを感じたことがある人は多いのではないでしょうか。頭皮のかゆみの多くは、頭皮が適切な状態ではないことを示すサインです。まずは毎日のシャンプーから見直してみましょう。

頭皮にかゆみがある時のシャンプーの選び方

かゆみの原因によって、シャンプー剤やヘアケア商品は選ぶ必要があります。ここでは、かゆみの症状別にシャンプーの選び方をご紹介します。

フケがあるかゆみのとき

フケをともなうかゆみには薬用シャンプーを使います。薬用シャンプーは、炎症やかゆみを抑える成分を含んでいます。乾燥したフケの場合は低刺激性の抗菌シャンプー、脂っぽい脂漏性のフケの場合は、洗浄力と抗菌作用のあるシャンプーをそれぞれ選ぶとよいでしょう。

頭皮に炎症や湿疹があるかゆみのとき

低刺激のシャンプーを選びます。さらに薬局などで手に入る専用の治療薬を併用することをおすすめします。症状がひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

雑菌やカビによるかゆみのとき

石油系シャンプーを使っている場合は、アミノ酸系に変えてみましょう。かゆみが強い場合は抗菌剤配合シャンプーを使うとよいでしょう。シャンプー後に髪をしっかり乾かすことも大切です。

頭皮にかゆみがあるときのシャンプー方法は?

頭皮をすこやかに保つには、正しいシャンプー方法を行うことが大切です。以下のポイントを重視しながら、丁寧に洗いましょう。

必要以上に洗い過ぎない

かゆみがあるからといって1日に何度も洗うのはNGです。頭皮にも皮膚と同じようにバリア機能があります。洗いすぎると頭皮の常在菌や皮脂が過剰に失われてバリア機能が低下し、さらなる乾燥やフケの原因になります。汗をかく夏場は前日の夜に洗髪しても、翌朝また洗いたくなりますが、ぬるま湯で汗を洗い流すだけにとどめるなど、必要以上にシャンプーを使わないようにしましょう。

爪を立てずに、親指の腹で洗う

シャンプーは直接地肌につけず、手のひらに取り、泡立ててから使うようにしましょう。シャンプー剤をつける前にぬるめのお湯で髪全体を十分に濡らしておくと、少しの量でも十分に泡立ちます。かゆみがあるとつい、その部分をゴシゴシと洗いたくなりますが、爪でかくと頭皮を傷つけ、炎症を引き起こしてしまうことがあります。親指の腹を使い、頭皮をマッサージするようにやさしく洗いましょう。

すすぎは十分に行う

シャンプー剤の成分が残っていると、頭皮トラブルの原因になります。すすぎ残しの出やすい髪の生え際、襟足、耳の後ろ、後頭部の内側を意識しながら、髪全体を十分にすすぎましょう。また、熱すぎるお湯は必要な皮脂まで洗い落としてしまうので、必ずぬるめのお湯を使いましょう。

コンディショナーやトリートメントは毛先につける

コンディショナーやトリートメントも頭皮に直接つけるのはNGです。パサつきが気になる髪の中間部から毛先に向かってなじませてから、軽く洗い流しましょう。

洗髪後はよく乾かす

濡れたままの髪は、雑菌が繁殖しやすい状態です。また、水分が蒸発するときに頭皮の水分まで余分に奪ってしまうことも。タオルドライの後は、自然乾燥ではなくドライヤーを使ってきちんと乾かしましょう。毛先よりも頭皮を入念に乾かすことがポイントです。

頭皮をマッサージするのもおすすめ

頭皮の血行をうながすために、洗髪前や就寝前に頭皮マッサージをするのもよいでしょう。両手の指の腹を地肌に密着させ、生え際から頭頂部にかけてやさしく指圧したり、頭皮を軽くつまみあげるようにマッサージします。最後に手のひら全体で円を描くように地肌をもみあげましょう。

頭皮のかゆみの原因とは?

一口にかゆみといってもさまざまな原因があります。ここでは、かゆみの原因別に説明します。

頭皮の乾燥

ゴシゴシ強く洗いすぎたり、洗浄力の強いシャンプー剤を使ったり、熱めのお湯で洗ったりすると、皮脂を必要以上に落としてしまい乾燥肌になります。頭皮を保護するための皮脂が足りないと、乾燥肌になってかゆみが生じます。紫外線や暖房のつけすぎも乾燥のもとです。

皮脂汚れ

洗髪が不十分で頭皮の汚れが十分に落ちていない場合や、脂漏性皮膚炎で皮脂が過剰に分布され、常に頭皮が皮脂でベタベタしている状態だとかゆみが起こります。皮脂が多いと雑菌も繁殖し、ニキビのような炎症性皮膚炎がおこり、かゆみが悪化します。

雑菌やカビ

シャンプー後、よく乾かさないで寝てしまうと、雑菌が繁殖してかゆみが起こります。人の頭皮には常在菌が存在しています。健康的な弱酸性の皮膚だと、雑菌の繁殖は抑えられますが、湿った状態のままだと常在菌が繁殖しやすくなります。湿った服が乾かずにあるとにおいがするのと同じで、濡れた髪のまま寝てしまうとかゆみやにおい、フケを引き起こします。

頭皮湿疹

頭部や生え際などにできる湿疹で、目につかないところにできることから気がつかないうちに発生していることが多くあります。かゆみ自体は軽いものですが、知らないうちに湿疹をかきむしって、悪化させることもあります。皮脂や汗、ストレスなどさまざまな原因により起こります。

ストレス

ストレスによってアドレナリンが大量に出ることで、体のなかの活性酸素が増加します。その結果、皮脂も必要以上に分泌されて、かゆみを引き起すことがあります。

いかがでしょうか。知らず知らずのうちにかゆみが悪化するような生活習慣をしてはいませんか?正しいシャンプー方法を身につけ、すこやかな頭皮環境をキープしましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー