スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

フコイダン(ふこいだん)に副作用はある?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

フコイダン(ふこいだん)の基礎知識

健康補助食品を摂取するにあたって気になるのは副作用のリスクです。こちらでは、フコイダン(ふこいだん)の副作用について、第三者機関の実験結果をもとに、詳しく解説しています。

フコイダン(ふこいだん)に副作用はある?

昆布やメカブといった海藻に含まれる成分「フコイダン(ふこいだん)」。健康や美容によいとされ、サプリメントなどに取り入れられていますが、副作用のリスクはないのでしょうか。

フコイダンの安全性について

サプリメントなどを用いて栄養成分を摂取する際、何より気になるのはその成分の安全性です。一部の健康増進作用が認められていても、他の部分で体に異常をきたすような副作用があるようでは、健康な体を保つことはできません。

副作用は医薬品を使用した際に生じる、治療の目的とは違う作用のことを指します。

フコイダンの場合、医薬品ではなく健康食品ですのでそういった意味での副作用はありません。それでは、フコイダンを摂取した際の安全性はどうでしょうか。

フコイダンは海藻を原材料とした海藻由来の成分であるため、フコイダンを摂取することによる健康被害の心配はないとされています。

ガゴメ昆布から抽出したフコイダンを用いた実験でも、一定量のフコイダンを摂取した被験者に血液検査、尿検査、QOL検査などが実施されましたが、いずれにおいても“安全性に問題はない”という結論が発表されています。

適度な量の摂取が大切

フコイダンを摂取することの安全性においては、さまざまな研究により問題ないとの発表がされていますが、あくまで適度な量を摂取するという前提のもとでの結論です。

フコイダンは水溶性の食物繊維であるため、過度に摂取した場合、一時的に便が柔らかくなったり腹痛を起こしたりする可能性があります。もちろんこれにも個人差はあるので、すべての人にこのような作用が現れるわけではありません。

しかし、これはフコイダンに限られたことではなく、例えば健康によいとされる牛乳も飲みすぎるとお腹をこわすことがあるように、何においても過剰に摂りすぎず、適度な量を摂ることが大切ということです。

また、海藻類からフコイダンを摂取する場合は、塩分やヨウ素(ヨード)の摂り過ぎにも注意が必要です。フコイダンを多く摂取したいからと毎日過剰に海藻を食べることは、塩分過多やヨウ素の過剰摂取に繋がる場合があり、逆に健康を害する可能性もあります。

こういった成分の過剰摂取を避けるには、サプリメントでフコイダンを摂取するという方法もありますが、その際もきちんと容量を守り、正しく摂取することが大切です。

フコイダンのサプリメントについては、フコイダン(ふこいだん)サプリの効果をご覧ください。