スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

よくある思春期の子育ての悩みと正しい対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

反抗期・思春期の子育て

子育ての悩みが増えてしまいがちな思春期、子供がやたらと反抗してくることに疲れ切っていませんか?こちらでは思春期の子育てを考える上で、どのような心構えを持つべきなのか専門のドクター監修の記事で解説しています。

思春期

子育ての悩みが増えてしまいがちな思春期、子供がやたらと反抗してくることに疲れ切っていませんか?思春期の子育てを考える上で、どのような心構えを持つべきなのか、詳しく解説していきます。

思春期の子育てでよくある悩みとは

思春期というのは、その期間がそのまま第二反抗期でもある難しい時期です。基本的な反抗期の反応は親の指示を無視する、あるいは「うるさい」「お前には関係ない」などと言い返す、学校での出来事などを親に伝えない…といったもの。

要するに親に干渉されるのを嫌い、自分の力だけで生きていこうとするわけです。このような反抗は自立している証拠でもあるので、それほど問題ではありません。

子どもに反抗的な態度をとられると、ついカッとなって怒鳴ったり叩いたりしたくなる方もいるでしょう。しかし、こういった対応はNGです。子どもは大きくなっても話しを聞く、スキンシップをとる、良いところを褒めるなどで不安定な気持ちを落ち着かせます。反抗期は親がどっしりと構え、あれこれ言わずに見守ることが大切なのです。

思春期の子育てのコツ

子どもが反抗するのは「1人の独立した人間として認めて欲しい」という主張であり、一種の自己表現です。なにも子どもたちは親を嫌っているわけではなく、自立しようと躍起になるうち、思うようにいかないストレスを身近な大人にぶつけているだけなのです。

この時期の子どもは、自立したい気持ちと甘えたい気持ちの間で揺れ動いています。時には甘えたい気持ちが強くなり、親に依存するような言動をとることもあります。その際には、しっかり家族の愛情を確認させてあげることが重要です。

この時に家族の愛情を確認することができないと、子どもは失望し問題行動をとるようになります。汚い言葉でののしる、部屋に閉じこもる、暴力をふるうといった反抗は、親からの愛情が十分でないと感じた時に出てくるのです。

また、反抗すること自体「親に見捨てられないか」という不安の裏返しでもあります。反抗期の子どもには厳しく接するのではなく、子どもの主張にしっかりと耳を傾け、ある程度広い心で受け止めたほうが親子関係を良好に保つことに繋がります。

ただし、子どもが無理な要求や主張をした時にそれを認める必要はありません。話しの内容はきちんと最後まで聞いた上で、毅然とした態度で要求を制することもできるようになりましょう。