スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

中性脂肪が低いと病気にかかりやすいのか

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

中性脂肪の原因・症状

中性脂肪値が高いと心筋梗塞などの重篤な病気が誘因されやすいですが、実は低くても問題なのです。ドクター監修のもと、中性脂肪が低いことで引き起こされる病気について解説します。

中性脂肪

中性脂肪値が高いと危険であることは多くの方の知るところでありますが、低すぎても問題があるということについては、あまり知られていないのではないでしょうか?低すぎることで起こる症状や病気について説明します。

中性脂肪は低くても危険

中性脂肪が高いと病気のリスクが高まるということが浸透したため、「低い=健康」と認識している人が少なくないと言います。しかし、「低すぎる」のも問題です。健康を維持するうえでは、適正な中性脂肪値を保つことが大切なのです。

では、適正な値とはどれくらいでしょうか?現在は、30~149が中性脂肪の基準値となっています。この値より若干下回る程度なら問題ありませんが、はるかに下回るのは危険です。中性脂肪は身体のエネルギー源なので、低すぎると元気がなくなってしまうのです。

中性脂肪が低くなり過ぎる原因とは?

エネルギー量の不足

まず第一に考えられるのは、無理なダイエットです。極端に食事を減らしたり、海藻や野菜ばかり食べるなどの偏った食事により、摂取するエネルギー量が極端に低いことが原因となります。また、栄養素が偏っていたり、栄養障害になっている場合も低くなります。

病気が隠れていることも

あまりに中性脂肪が低い場合は、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や肝機能などの病気が隠れている可能性があります。バセドウ病は、甲状腺ホルモンの過剰な分泌により全身の代謝が亢進する疾病であるため、発症すると体重が減ったり、コレステロールや中性脂肪が著しく低下してしまいます。もちろん、病気ではなく生まれつきの体質なども考えられます。

中性脂肪が低過ぎるとどうなる?

中性脂肪は筋肉や心臓を動かすエネルギー源であるため、人間の身体にとってなくてはならないものです。また、体温を一定に保つ役割や、内臓などを守る役割も担っています。つまり、中性脂肪が低いと、身体にとって大切な役割が果たされなくなってしまうのです。

ダイエット目的で過剰に皮下脂肪を排除する女性もいますが、そうすると身体を正常に動かすエネルギーまで不足してしまうため、慢性的な疲労感の原因になります。また、肌の乾燥や老化などの肌トラブルを招くこともあるため、過度なダイエットは止めましょう。

今すぐ読みたい