スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

中性脂肪に大きく関係しているLDLとは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

中性脂肪の原因・症状

健康を阻害する危険因子として排除することが推奨されているLDL(悪玉コレステロール)。このLDLが健康を阻害する理由とはどのようなものなのでしょうか?ドクター監修のもと、LDLの危険性について解説します。

LDL

「LDL」とは、いわゆる悪玉コレステロールのこと。中性脂肪に関わりの深いLDLの作用と危険性について詳しく解説します。

悪玉コレステロール「LDL」

LDLとは、健康に影響を与える存在として敵視されている「悪玉コレステロール」のことです。悪玉コレステロールという名前は、健康に興味がある方もない方も、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?LDLは健康を損ねる要因になるものではありますが、人体にとって必要な物質でもあります。

LDLの役割は、体内でコレステロールを必要としている組織に、肝臓からコレステロールを運ぶというもの。よって、血液中にLDLがないと、必要とする部位にコレステロールが運ばれないため、ビタミンの吸収が阻害されたり、神経や細胞膜に異常をきたす恐れがあります。

では、なぜLDLは悪玉と呼ばれているのでしょうか?それは、LDLが増え過ぎるとさまざまな健康障害を引き起こすリスクが高くなるためです。血液中に溜まった過剰なLDLは、血管の内側に蓄積して血管を詰まらせたり、動脈硬化を進行させたりする危険因子となってしまいます。過剰なLDLを排除することが健康維持に繋がるといわれるゆえんは、このことにあるのです。

LDLコレステロール値の診断基準

LDLコレステロールの診断基準は、「140mg/dl以上」。この数値より高い場合は「高LDLコレステロール血症の疑いあり」と診断される可能性が高いです。定期診断などでこういった脂質異常症が見つかった場合は、医師の指示に従い、改善を心がけましょう。

LDLより怖い!超悪玉コレステロールに注意

超悪玉コレステロールとは、通常のLDLより小型のLDLのことです。心筋梗塞などの心疾患を起こした人のLDLは小型のタイプが多く、通常の大きさのLDLより健康を阻害するリスクが高いと言われています。

超悪玉タイプは血管壁に侵入しやすく、また、肝臓に吸収されにくいため、血中にとどまって酸化し、動脈硬化の直接的な原因になりやすいです。このように、命の危険に繋がる超悪玉コレステロールですが、LDLが小型化してしまうメカニズムはまだ解明されていません。

ただ、中性脂肪値が高い人、血糖値が高い人、血圧が高めの人、内蔵脂肪が多い人、善玉コレステロールが少ない人などに増加傾向が見られることがわかっています。このような項目に当てはまる方は、十分な注意が必要と言えるでしょう。