スキンケア大学 メンズスキンケア大学

「切らない脂肪吸引(部分痩せ)」の種類と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

“切らない脂肪吸引”とひとえに言っても、脂肪吸引にはさまざまな種類があります。施術を受ける前に各方法の特徴を知り、自分に合った施術を選びましょう。

“切らない脂肪吸引”の種類と効果(1):脂肪加熱

脂肪加熱とは、脂肪細胞を加熱して破壊していく方法です。具体的にどのような施術があるのでしょうか。

・キャビテーション
特殊な超音波を脂肪の層に当てることで体液中に気泡が発生し、この気泡が脂肪細胞を破壊して乳化状態にすることで、脂肪を分解します。週1〜2回程度の施術で1〜3か月を目処に効果が現れてきます。

・ライポソニックス
高密度焦点式超音波(high-intensity focused ultrasound=HIFU:ハイフ)というシステムで、密度の高い超音波を当てエネルギーを1点に集中させることで、脂肪細胞を破壊していきます。1度の施術から効果が期待できますが、皮下脂肪が23ミリ以下の部分は施術ができません。

・エンダモロジー
脂肪吸引後にケアを行う治療法なので、エンダモロジー自体には脂肪細胞を除去する効果はありません。ローラーと吸引構造を合わせ持った特殊なマシンを当てることで、セルライトと局部脂肪を同時にケアし、ボディのサイズダウンに働きかけます。

・ウルトラアクセント
脂肪細胞の細胞膜のみを破壊する横波の超音波をあてることで、脂肪を液状化。さらに、高周波をあてることで、血液やリンパの流れによって脂肪やセルライトが体外へ排出されていきます。2週間に1度の施術で1か月くらいから効果が現れます。

・ウルトラシェイプ
焦点式超音波でターゲットとなる脂肪細胞を発熱させて溶かします。溶けた脂肪は代謝によって体の外へと排出されます。

・ヴェラシェイプ
ラジオ波と赤外線の2種類のエネルギーを当てながら、吸引ローラーのマッサージを行っていくことで、脂肪代謝を活性化させ脂肪を燃焼させていきます。

“切らない脂肪吸引”の種類と効果(2):脂肪冷却(クールスカルプティング)

クールスカルプティングトは、脂肪をシャーベット状にして確実に脂肪を減らす痩身法です。具体的にどんな方法があるのでしょうか。

 ・リポコントラスト
加熱→冷却→加熱の温度差で脂肪のみを破壊する最新の痩身法です。破壊された脂肪細胞は、2〜4か月で自然に体外へ排出されていきます。脂肪細胞自体の数が減るため、リバウンドの可能性も低いのが特徴です。

・ゼルティック(フリーズファット)
脂肪を冷却し凍らせることで脂肪細胞を破壊し、除去します。破壊された脂肪は2〜3か月で自然に体外へ排出されます。

“切らない脂肪吸引”の種類と効果(3):脂肪溶解・分解

脂肪を溶かして体外へ排出する痩身法には、どんな種類があるのでしょうか。

・メソセラピー
注射器を使ってFDA認可の安全な薬剤「フォスファチジルコリン」を投与することで、脂肪や頑固なセルライトが溶け出し、自然に体外へと排出されます。麻酔も含めて治療の時間は30分前後、ウエストや太もも以外に、小顔を目指すためにも取り入れられています。

・ウルティマ・アンサンブル
1MHzと40KHzの2種類の超音波を脂肪にあてることで、脂肪を溶かし体外へ排出、さらに、脂肪細胞を破壊した部位を同時に引き締めていきます。超音波は皮膚でなく脂肪層のみに作用するので痛みもありません。

今すぐ読みたい

カテゴリー