スキンケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪溶解・分解注射(メソセラピー)の顔への施術効果と注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

メソセラピー(脂肪溶解注射)の大きなメリットは、皮下脂肪が少ないフェイスラインにも治療を施せる点と言えます。では、その効果はどれほどのものでしょうか?メソセラピーによる小顔効果と、施術の際の注意点についてご紹介します。

顔やせにも有効な脂肪溶解注射(メソセラピー)

加熱、冷却、溶解、分解など、多くの治療法が存在する“切らない脂肪吸引”。多くの痩身法は、皮下脂肪にある程度の厚みがなければ施術できませんが、脂肪溶解注射を使って薬液を直接脂肪に注入し、脂肪細胞を破壊して溶かしていくメソセラピーは、皮下脂肪が少ない部位にも施術ができるのが特徴です。二重アゴや頬の肉が気になる女性は少なくないことから、このような部位に適用できるメソセラピーは、まさに救世主と言える痩身法かもしれません。

そんなメソセラピーの顔への痩身効果としては、主に以下のものがあげられます。

1、体重は減っているのに、顔だけはどうしても痩せないという場合の顔やせ効果

2、二重アゴや頬の肉を落とし、フェイスラインをスッキリさせることによる小顔効果

また、クリニックによっては、脂肪が原因による目の下のたるみを治療できるところもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

顔に注射するときの注意点

顔の皮膚はとても弱いため、メソセラピーを受けた直後は腫れや痛み、アザなどの症状が現れる可能性が非常に高いです。化粧で隠せる程度の場合もありますが、人によっては大きく腫れることもあると言います。また、腫れが引くまでの日数もさまざまで、1週間程度から、長い人だと1か月を要するケースもあるとされます。そのため、顔に施術を受ける時は、人と会う予定が多い時期を避け、外出することが少ない時に行うことをおすすめします。

腫れが落ち着いてきたら、顔に軽いマッサージをするようにしましょう。そうすることで、溶けた脂肪が排出されやすくなるといわれています。まれに、皮膚の下にしこりが残ることがありますが、これもマッサージを施すことで次第に柔らかくなっていきます。

1回の治療で効果が出るケースもありますが、脂肪が多い場合は、2~3週間ごとに2~3回施術を受ける方が効果的とされています。また、しっかりとした効果が現れるまでに2か月~10か月を要する場合もあるため、ドクターと相談しながら治療を行うことをおすすめします。

顔に付いている皮下脂肪が少ない場合は施術できないこともあるため、気になる方は、一度クリニックに相談してください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー