スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

外用薬を使わないニキビの治療方法

更新日:2017/08/09 公開日:2014/11/28

皮膚科で行われる、外用薬を用いないニキビ治療について紹介します。

外用薬を使わない皮膚科でのニキビ治療

ニキビを理由に皮膚科を受診した場合、もっとも多くとられる処置は、軟膏、クリームといった塗り薬の処方です。実際、ニキビ治療を専門としていない皮膚科では、こういった治療を行うのが一般的です。

しかし、最近では外用薬を使わない治療法も多く出てきており、ニキビ治療の手段は非常に多様性に富んでいます。ここでは、外用薬を用いないニキビ治療について見てみましょう。

ニキビの発生や悪化を防ぐホルモン治療

ホルモンバランスの崩れによって、男性ホルモンが過剰に増えると、皮脂の過剰分泌などが起こり、大人ニキビが発生します。そこで、男性ホルモンの働きを抑制する女性ホルモンを補給することで、ニキビの発生や悪化を防ぐのがホルモン治療です。女性ホルモンを含むピル、女性ホルモン類似物質のイソフラボンなどを投与し、体内のホルモンバランスを女性ホルモンが優位の状態にして男性ホルモンの働きを抑えます。

詳しくは、ニキビをくりかえさなくなる!?「ホルモン治療」の方法と効果をご覧ください。

白ニキビの内容物を取り除く面ぽう圧出

主に白ニキビに対する処置として用いられる治療法です。専用の器具でニキビ内部の皮脂や膿といった内容物を取り除きます。ニキビの内容物を全て取り除くことでニキビの治癒を早めることができます。ただし、この治療法は目立つニキビを早めに治癒させるための補助的な治療で、ニキビの発生を防いだり、肌質の根本改善などは見込めません。

詳しくは、初期ニキビの改善に効果的な「面ぽう圧出」とは?をご覧ください。

症状にあわせて行うレーザー治療

最近では、ニキビのレーザー治療を扱う医療機関も増えてきています。ニキビ内の皮脂を除去するのに役立つ炭酸ガスレーザー、ニキビの赤みを押さえるロングパルスYAGレーザーなど複数の種類があり、症例ごとに適した器具を用いれば一定の効果が期待できるでしょう。ただ、現段階では補助的治療に留まっており、レーザーだけで完治を目指せるわけではありません。

詳しくは、ニキビのレーザー治療の種類と効果をご覧ください。

角質や毛穴のつまりを取り除くピーリング

皮膚表面に酸性の薬剤を塗り、古くなった角質や毛穴の汚れを溶かして除去する治療法です。白ニキビや黒ニキビの毛穴詰まりを取り除いて治癒を早めたり、悪化を防ぐといった効果が期待できます。しかし、酸性の物質を肌に塗布するというのは多少なりとも肌に刺激を与えるため、敏感肌の方や、ニキビがすでに炎症を起こしている方などにはおすすめできません。

詳しくは、ピーリングによるニキビ治療の方法と効果をご覧ください。

炎症を急速に鎮めるステロイド注射

注射治療の代表例は、炎症を起こした部位にステロイドを注射して、炎症を急速に鎮めるケナコルト注射です。赤く腫れたニキビの症状を緩和させることができますが、あくまで炎症を抑えるための治療法で、ニキビの再発を予防する効果はなく、対症療法といえます。

詳しくは、注射によるニキビ治療の種類と効果をご覧ください。

症状の緩和や改善をはかる点滴治療

ニキビに効果的とされる薬剤を点滴にて投与し、症状の緩和、改善をはかる治療法です。用いられる薬剤には、ビタミンとプラセンタの2種類があります。プラセンタは、美容成分として知られているものの医学的根拠は無く効果が期待できるとはいい切れませんが、ビタミンCの点滴には抗酸化作用やコラーゲンの合成促進が期待できるので、肌状態を整えるには有効といえます。ただし、ニキビの根本治療ではないので、ホルモン治療との併用がおすすめです。

詳しくは、点滴によるニキビ治療の種類と効果をご覧ください。

ニキビの悪化などを抑えるイオン導入治療

ビタミンCなどの美肌成分を皮膚に塗り、弱い電流を流すことで内部に浸透させていく治療法です。ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあるため、肌内部に浸透させることで、皮脂による毛穴詰まりを起こりにくくさせたり、ニキビの悪化を抑える効果が期待できます。ただ、あくまでも肌トラブルが起こりにくい状態へと近づける治療なので、ビタミンCのイオン導入を行うことでニキビの根本原因を取り除けるわけではありません。

詳しくは、イオン導入によるニキビ治療の方法と効果をご覧ください。

アクネ菌を殺菌するLED光治療

青色LEDをあてることでアクネ菌が殺菌されるといった効果が報告されており、その効果を応用した光治療が研究されつつあります。ただ、全てのLEDがニキビに効果を発揮すると確認されているわけではなく、現状では未解明な部分も多くあります。今の段階では、期待を集めている未来の技術と認識しておいたほうがよいでしょう。

詳しくは、LEDを使用したニキビの光治療とは?をご覧ください。

カテゴリー