スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

AGA(男性型脱毛症)に効果的な育毛剤や成分

更新日:2018/01/22 公開日:2014/12/26

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

こちらではAGAによる薄毛を予防するための方法について解説しています。

薄毛の原因、AGA(男性型脱毛症)とは?

薄毛のことをAGAと呼ぶケースが増えていますが、これはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語訳すると男性型脱毛症です。男性の中には壮年期を迎えると前頭部、頭頂部を中心に毛髪が薄くなる人がいます。病気などの理由がなくて、年齢を重ねるにつれて薄毛になる場合をAGAと呼んでいるのです。

もともと人の毛髪は半永久的に伸び続けるわけではなく、定期的に抜けては生えかわっています。新しく生えた毛髪は2〜6年ほどの成長期に伸び続け、その後に退行期を迎えて毛根は退化していくのです。そして、毛髪が抜け、3〜4ヶ月の休止期を経て、また新しい毛髪が生えてきます。この一連の流れをヘアサイクルと呼びます。

しかし、AGAになると成長期が極端に短くなっていき、数ヶ月〜1年で退行期を迎えるようになってしまうのです。その結果、毛髪が産毛、軟毛の状態から成長せずに抜けて落ちてしまい、薄毛になってしまうわけです。

AGAの予防に効果のある育毛剤や成分

それでは、ヘアサイクルの乱れによって成長しきっていない毛髪が抜けてしまうAGAの予防に効果的な育毛剤とはどのようなものでしょうか。ここでは、AGAの予防に有効とされる2種類の成分について見ていくことにしましょう。

血行を促進して髪の発育を促す

毛髪の正常な成長には、毛母細胞への充分な血流が不可欠。そこで、血行を促進する成分を含んだ育毛剤が多く出回っているのです。毛根の毛細血管に働きかけて血流を促進することで、毛母細胞、毛乳頭に充分な栄養が届き、髪の健康度が向上していくわけです。

血行促進効果を持つ代表成分には、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCなどが挙げられます。

5αリダクターゼを阻害する

ヘアサイクルが短くなって髪が成長する前に抜け落ちてしまうことがAGAの主原因ですが、このヘアサイクルを乱す元凶にジヒドロテストステロンという物質が挙げられます。このジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンが変化したもの。そして、この変化を促すのが5αリダクターゼという物質。つまり、この5αリダクターゼの生成を阻害すれば、AGAを予防できる可能性があるのです。

この5αリダクターゼ阻害効果を持つ成分としては、ノコギリヤシ、ヒオウギエキスなどが知られています。

カテゴリー