スキンケア大学 メンズスキンケア大学

機能にこだわったホームエステ機器の選び方

更新日:2017/05/11 公開日:2015/03/01

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

ホームエステ機器の機能は年々高まっています。その効果をしっかりと実感するためには、機器の特徴をよく理解しておくことが必要です。
ここでは、ホームエステ機器に期待できる効果をそれぞれご紹介します。目的に合った機能を備えたエステ機器を選びましょう。

家庭用エステ機器の種類と主な効果

エステ機器とひとくちに言っても、肌への効果はそれぞれ異なります。どのような効果が期待できるのか種類ごとにみていきましょう。

超音波

皮膚に超音波の振動を与えることによって血液やリンパの流れをよくし、新陳代謝を活発にするエステ機器です。代謝が高まるので老廃物の排出がスムーズになり、むくみの改善にも繋がります。また、振動によって余分な角質や汚れが落とされ、美容成分を角質の奥深くまで浸透させやすい状態に肌を整える効果が期待できます。

スチーマー

熱や振動を利用して、ナノミストと呼ばれる微粒子を放出します。その湯気を顔にあて、肌に浸透させます。10億分の1という単位の微粒子であるナノミストは通常の水蒸気よりも肌に浸透しやすく、肌の奥にまで届きます。このナノミストが浸透した肌は、そのあとにつける化粧水や美容液がより浸透しやすくなるといわれています。

イオン導入

微弱な電流を利用して肌のバリア機能を一時的に弱め、通常では浸透しにくい美容成分(ビタミンC誘導体やプラセンタなど)を肌の奥まで届ける方法です。プラスイオンとマイナスイオンの特性をいかしており、手でつけるときに比べ、美容成分の浸透力を数十倍もアップできるともいわれています。

ローラー

肌の上を転がすローラーは、マッサージによる引締め効果が期待できます。さらに、血液やリンパの流れを促すことで代謝もよくなります。老廃物を排出し、肌にハリやツヤを取り戻したいときにも有効です。
ローラーの表面にさまざまな工夫がされているタイプも。
たとえば、新陳代謝を高める「マイクロカレント」を発生させるローラーなどもあり、より高い効果が期待できます。

目的別!ホームエステ機器の選び方

このように、エステ機器の種類によって得られる効果が異なります。自分の肌悩みを解決するのにふさわしいものを選ぶことがポイントです。
次は、肌悩み別におすすめのエステ機器をご紹介します。

たるみ・ほうれい線

皮膚を支える細胞や筋肉に働きかけるケアが必要です。
表情筋の衰えやコラーゲンの減少に効果があるといわれる超音波で、肌のハリを整えたり、イオン導入を活用してプラセンタやビタミンC誘導体を肌に与えて、ほうれい線の原因となる乾燥を防ぎましょう。また、ローラーを使って頬部分を上に引き上げるのも効果的です。
肌のハリを求めたい場合には、先ほどご紹介したマイクロカレントを取り入れたローラーがおすすめです。

シミ

メラニン色素の働きを抑制する美白成分を肌に浸透させるのが有効。イオン導入でビタミンC誘導体やトラネキサム酸を肌に与えるとよいでしょう。スチームを使って肌の汚れや古い角質を除去した後にイオン導入を行うのがおすすめです。

シワ

ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分を浸透させて、肌の水分を保つことが大切です。しかしヒアルロン酸やコラーゲンは分子量が大きいためイオン導入には向いていません。このような成分を浸透させる場合には、超音波を使いましょう。

小顔

リフトアップをしながら引締め効果が期待できるのは、ローラーを使ったマッサージです。
あごから耳の下に向けて転がし、フェイスラインに溜まった老廃物を流しましょう。


このように目的に合わせてホームエステ機器の機能を調べることはとても大切です。美肌効果にすぐれた技術が付加されたものを選ぶようにすると、一度のケアで得られる効果が高まります。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー