スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

痛風による腫れを抑える方法

更新日:2018/05/11 公開日:2015/01/28

痛風の治療方法

痛風発作が起こると、激痛や腫れが起きますが、どんな対処をすれば良いのでしょうか?そこで今回は、初めて発作が起こったときのために、発作の症状がどのように進むか、そのときにどんな対処をすれば良いのかをご紹介していきます。

薬を飲んでいるシニア

痛風発作が起きたときのために

痛風発作が起きたときは、なるべく早く、病院で診てもらうのがベストです。しかし発作は、夜中や明け方などに突然起こるケースが多いので、初めて発作が起こった時に、薬を処方してもらっていないときは、自分で対処をしなくてはなりません。

そこで、痛風発作が起こったときに、症状がどのように進むのか、また腫れや痛みを抑えるために、どんなふうに対処をすれば良いのかをご紹介していきましょう。

痛風発作の過程

初めての発作は、左右どちらかの足の親指のつけ根の関節に起こりやすく、腫れたり、痛んだりするのは、通常1ヶ所だけです。まず、多くの場合は夜中から明け方にかけての時間帯に痛みを感じ、24時間以内に痛みがピークに達するとともに、炎症部分が赤く腫れ、熱を帯びてきます。痛みはしばらく続きますが、徐々にやわらいでいき、3~10日程度で、症状が治ります。

発作の腫れや痛みを抑えるには

発作が起こったときは、冷たい水で冷やしたタオルや氷などで患部を冷やし、心臓よりも患部を高い位置にして、安静にします。あまりの痛みに、患部をもみほぐしたり、マッサージをしたくなるかもしれませんが、逆効果になるので控えましょう。

また、アスピリン系の痛み止めは、発作を悪化させたり、長引かせたりする恐れがあるので、自己判断で市販の痛み止めを飲むのは、控えたほうが良いです。

もちろん、お酒を飲んで、痛みをまぎらわせたりするのもNGです。痛風かも知れないと思ったら、何日も我慢を続けたり、自己判断せずに、痛みが落ち着いてきたら、なるべく早く病院を受診しましょう。

2回目以降の発作のときは

痛風の治療を受けていても、痛風発作が起こることがあります。この場合は、医師から処方されている「非ステロイド性抗炎症薬」を飲み、なるべく早く病院を受診しましょう。

また、痛風発作の経験がある人ほど、発作が起きる前に、足の親指のつけ根がピリピリ、ムズムズしたり、鈍い痛みを感じたりするなど、前兆症状を感じやすくなります。

このとき、「コルヒチン」などの痛風発作緩解薬を1錠飲むと、発作を予防したり、緩和したりすることができるので、医師から処方してもらっておくと良いでしょう。ただし、コルヒチンは、発作が起きてしまってからでは、飲んでも効果が得られません。また、たくさん飲むと、吐き気や下痢などの副作用が起こることがあるので、用法用量を守ることが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 内科