スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

鼻の脂漏性皮膚炎(湿疹)の治療法と自宅での治し方

更新日:2018/04/26 公開日:2015/03/02

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

鼻にもできる脂漏性皮膚炎

皮脂の多い鼻などのTゾーンに生じた脂漏性皮膚炎がなぜ発生するのか、その原因と適切なケア方法を解説しています。

鼻に生じる脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、マセチラアというカビの一種が原因となっておこります。鼻とその周囲は、皮膚の中でも特に皮脂の分泌が多い箇所ですが、皮脂を好む真菌であるマラセチアが繁殖しやすい部位でもあります。鼻などTゾーンの毛穴周辺がざらざらとした手触りになり、かゆみが生じたり、赤く炎症を起こしたりしているようなら、脂漏性皮膚炎を疑う必要があるでしょう。

時々、マラセチアがカビの仲間であることを知ると“不衛生だと脂漏性皮膚炎になるのかも…”と誤解する方がいますが、別に不衛生だからマラセチアが増えた…というわけではありません。もともと人間の皮膚には多種多様な常在菌が棲みついており、マラセチアはそのうちのひとつです。ゴシゴシ洗えば治るわけではないので、誤解をしないようにしましょう。

脂漏性皮膚炎の治療

基本的な治療法は外用薬の塗布です。炎症がひどい場合はステロイド(副腎皮質ホルモン剤)で炎症を止め、それから抗真菌剤でマラセチアを一掃するという方法になります。逆に炎症が少なければ、抗真菌剤だけで治療効果が得られる可能性もあるでしょう。

軽度の脂漏性皮膚炎ならば、ある程度自分でケアすることが可能です。皮脂代謝を正常化するビタミンB群の摂取、角質層のバリア機能の低下につながる紫外線ダメージを避けるなど、脂漏性皮膚炎を悪化させない方法は数多く存在します。特に、鼻は日光に当たりやすい部位なので、紫外線をシャットアウトするための努力を欠かさないようにしてください。

また、マラセチアが皮脂を好む菌であることから、日頃のスキンケアでも鼻周りの皮脂量をコントロールすることが大切です。オイルを多く含んだリキッドファンデーションや、オイルクレンジングを使っていると、わざわざ自分でマラセチアの餌になる油脂分を増やすことにつながります。

脂漏性皮膚炎の症状がある時は、油分を含まない化粧品を使うのが賢明です。

カテゴリー