スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂漏性皮膚炎(湿疹)の完治までの経過と治療期間

更新日:2018/04/26 公開日:2015/03/02

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

脂漏性皮膚炎が完治するまで

ここでは、脂漏性皮膚炎の治療法や治療期間など、完治するまでに知っておくべき情報を解説しています。

脂漏性皮膚炎は完治するの?

脂漏性皮膚炎は治りにくい皮膚疾患として知られていますが、原因は分かっていますし、治療法も確立しています。

皮脂の分泌量が多い部位では、マラセチアというカビの一種が大量増殖することがあるため、これが脂漏性皮膚炎の原因となります。マラセチアは皮脂に含まれる中性脂肪(トリグリセリド)を分解し、刺激の強い遊離脂肪酸へと変えてしまいます。この遊離脂肪酸に刺激されて炎症を起こした状態が、脂漏性皮膚炎となります。

皮脂が過剰分泌されやすいTゾーンや頭皮に、発赤、炎症が見られる場合は脂漏性皮膚炎の可能性を疑い、治療を行うべきでしょう。完治するとはいえ、薬を塗って2、3日で治るというほど簡単な話ではないため、悪化する前に対処することが重要です。

脂漏性皮膚炎の治療法

上述した脂漏性皮膚炎の原因菌は、真菌(カビ)の一種であるマラセチアです。この真菌を退治することが出来れば、炎症は軽快していくため、抗真菌剤と呼ばれる外用薬が治療の中心となります。

また、薬だけでなく頭皮の脂漏性皮膚炎には抗真菌剤を含有したシャンプーを使用するといった選択肢も存在します。ケトコナゾールという抗真菌剤を2%配合したシャンプーなどが販売されており、軽症であれば、こうした製品を利用してセルフケアを行うケースも珍しくありません。

逆に症状が重い場合は、最初に炎症を鎮めなければなりませんので、抗真菌剤の前にステロイド外用薬を用います。ステロイドは免疫反応を抑えて、炎症を強力に鎮める薬です。

脂漏性皮膚炎は刺激を受けると悪化する傾向にあるため、ヘアトニック、ヘアワックスといった整髪料の使用は控えましょう。もちろん、掻き壊すなどの物理的刺激もNGです。こうした刺激を避け、その上で患部を衛生的に保ち、皮脂が表面に残らないよう注意することが脂漏性皮膚炎の悪化を防ぐための第一歩といえるでしょう。

脂漏性皮膚炎が完治するまでの期間は?

上述した抗真菌剤による治療を行い、なおかつ患部への刺激を徹底的に排除したとして、どれくらいの期間で脂漏性皮膚炎が完治するのでしょうか?

もちろん、重症度などによっても異なるため一概には言えませんが、おおむね顔で2〜3週間、頭皮で4〜6週間と言われています。少々長くかかってしまいますが、これだけの期間にわたって根気よく治療を続ければ、充分に完治させることは可能です。

現在、脂漏性皮膚炎に悩んでいるのであれば、是非、皮膚科を受診するなどして早期に治療を開始しましょう。

カテゴリー