スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ベイザー脂肪吸引(第三世代超音波)の特徴と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2015/03/31

数ある脂肪吸引法のなかに、「ベイザー脂肪吸引」という方法があります。施術方法と特徴、効果について見ていきましょう。

ベイザー脂肪吸引とは

脂肪吸引を行う際には、カニューレという吸引管を皮下に挿入します。従来の脂肪吸引では、周辺の組織にカニューレによるダメージが与えられることが問題でした。皮下脂肪の周辺には、血管や神経のほか、皮膚と筋肉をつないでいる線維も存在しているので、これらが傷つくことで内出血が起こり、術後の回復期間も長引いてしまうのです。

このような周辺組織へのダメージを最小限に抑えられるようにしたのが、ベイザー脂肪吸引です。ベイザー波という超音波を皮下脂肪層に照射して周辺の組織から脂肪を離し、乳化した状態で脂肪だけを溶解することで、血管や神経などを傷つけない脂肪吸引を可能にしました。従来の方法に比べて出血量が少なく、術後の腫れや痛みを軽く抑えられるのが特徴です。

ベイザー脂肪吸引の効果

周辺の組織から脂肪を離し、遊離した脂肪細胞だけを吸引するため、脂肪以外の組織を温存しながらよりきれいに吸引できるというメリットがあります。皮膚のすぐ下にある脂肪や硬くなってしまった脂肪などは、どうしても吸引しにくいという難点があるのですが、ベイザー脂肪吸引の場合はこのような脂肪もすっきりと除去できます。また、従来の脂肪吸引では脂肪除去率が約70%でしたが、ベイザー脂肪吸引では90%ほどの脂肪を取り除けるといわれています。

また、皮下の線維組織を壊すことなく脂肪を吸引できるので、皮膚の弾力性は保たれたままです。そのため、90%もの脂肪を除去しても、皮膚がたるんでしまうような心配は少ないとされています。余分な脂肪を取り除くだけでなく、引き締まった美しいラインに仕上げたい場合には、このような皮膚の引き締め効果にも配慮した施術法を選ぶとよいでしょう。術後のダウンタイムも短いため、ほとんどの場合、施術を行った翌日には日常生活を問題なく送ることができるでしょう。デスクワークであれば、仕事を休む必要もないとされています。

従来の脂肪吸引よりも脂肪をより丁寧に取り除けるのはもちろん、美しいボディラインにもより近づけるので、美を追求する女性に特におすすめです。

※その他の脂肪吸引法については、『脂肪吸引とは?手術の方法と内容について』をご覧ください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー