スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

女性が胸・お尻のタトゥーを除去する際の手術と注意点

更新日:2017/12/18 公開日:2015/03/30

ファッションの一部としてタトゥーを入れる女性は増えていますが、好きな人ができたり、結婚や妊娠・出産を機に、タトゥーを除去したいと考える方も多くいます。しかし、『知らないと怖い!女性のタトゥーと除去治療』でご紹介した通り、タトゥー除去による傷跡はタトゥー以上に問題になることも多く、慎重に検討しなければなりません。

特に胸やお尻といった、「形」の美しさが重要視されるパーツは、特に注意が必要です。そこで今回は「六本木境クリニック」院長、境隆博先生に、胸やお尻のタトゥーを消したいと思った場合に検討したほうがよいこと、考えられるリスクなど、詳しい話を伺いました。

六本木境クリニック 境隆博院長

年間のべ300症例を超えるタトゥー除去の治療を行っている境先生は、患者さん1人1人の症状に応じたタトゥー除去手術を行っていらっしゃいます。

胸・お尻のタトゥー除去方法と施術後の問題点

Q: 胸やお尻にタトゥーを入れる女性は少なくありませんが、こういったパーツのタトゥー除去では、どのようなことが問題となるのでしょうか。

境先生:胸はやわらかく乳輪乳頭は簡単に移動しますので、ごく小さな刺青やタトゥー以外の切除では、下図のように左右が非対称になってしまいます。

非対称な胸

また、女性の場合は、男性と違って胸もお尻も美しいカーブが重要視されますが、タトゥーの切除手術をすると、場合によってはカーブの乱れに一生苦しむことになります。

お尻のカーブの崩れ

お尻のカーブの崩れ

実際、他院でタトゥーの切除手術を受けた後に、お尻や胸の修正手術を繰り返し受けられている気の毒な患者さんが何人もいます。

また、胸やお尻だけではなく、どこの部位でも要注意なのが「ドッグイヤー」というものです。ドッグイヤーを簡単に説明すると、多くのクリニックでは、タトゥーを紡錘(ぼうすい)形に切除して直線状に縫い寄せる「紡錘(ぼうすい)形切除」を行いますが、紡錘形切除を行うと、一番寄せた幅が大きな部位がくぼんで、寄せ幅が狭い部位は突出します。

胸のドッグイヤーによるくぼみ

この現象を「犬の耳(ドッグイヤー)」と呼んでいますが、フタコブラクダのようにも何かの角のようにも見えます。特にお尻や胸は微妙なカーブのみだれによってもその美しさが大きく損なわれるため、注意が必要です。

胸・お尻のタトゥーを目立たせずに消す方法

Q:胸やお尻のタトゥーをなるべく目立たせずに消す方法はあるのでしょうか。

境先生:胸部は形の崩れもですが、皮膚が薄いため、小さな切除や削皮手術でもケロイド状になりやすいことで有名です。
もちろん、この部位でも一番おすすめの方法は、上手く削皮を行うことです。しかし、削皮はミクロ単位の正確さが要求される極めて難しい手技ですので、胸のようにデリケートな部位に対して自信を持って施術できる医師は少ないと言えます。そこで、あえて切除する場合のコツを述べます。わたくしが胸のタトゥー切除を行う場合には、比較的小さいものでも、乳輪や乳頭を移動させないように、短軸方向(傷の縁の距離が短い方向)ではなく、脇の方向から皮膚を寄せるようにしています。

Q:お尻の場合はいかがですか?

境先生:お尻については、皮膚が分厚いため、削皮法が第一選択と考えられるケースが多いです。植皮も良いとは思いますが、削皮にかなり有利な部位ですので、わざわざ他の部位から採皮して傷をつけて植皮することには違和感があります。その上、植皮だと傷の縁の部分がケロイド状に目立つなど、見栄えに大きな問題が生じることが多いです。

お尻は削皮をしても、寝る時は無理なく仰向けで眠ることができます。仰向けだと頭から足まで体重が分散し、また仰向けで寝ていると肺が一番よく働くので酸素が体に入りやすく、ばい菌に強く、傷も治りやすいとも言われています。

しかし、座った時には圧力がかかったり、トイレで下着を脱ぎ着する際にこすれやすいため、切除した場合には何度縫いなおしても傷がくっつかない患者さんもおられます。そのため、削皮の深さには細心の注意を払うことはもちろん、患者さんへの術後の日常生活指導も重要となります。

胸やお尻は、美容面も注意した上での削皮法になるため医師の高い技術や豊富な経験が必要になります。お尻や胸に限ったことではありませんが、タトゥー除去をお考えの方は、クリニックや担当医は慎重に選ぶようにしてください。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー