スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

腹筋マシーン・器具の種類と効果、正しい使い方

更新日:2018/05/02 公開日:2015/06/25

腹筋マシーン・器具

理想のスタイルを手に入れるために鍛えたい腹筋。特に器具などを使用せず、ストレッチなどで鍛える方法もありますが、腹筋マシーンを使用する方法もあります。ここでは人気の腹筋マシーンや、それらの正しい使い方について紹介します。

引き締まったお腹、くびれを実現するためにも鍛えたい腹筋。腹筋を鍛える方法はさまざまありますが、腹筋マシーン・器具を利用することで、より効果的に腹筋に働きかけることができます。腹筋マシーンには、どのようなものがあるのでしょうか。

主流の腹筋マシーン・器具は主に3種類

ここ最近注目されている腹筋マシーン・器具には、以下のようなものがあります。

倒れるだけの腹筋マシーン

体をうしろに倒す動きで腹筋を刺激し、鍛えることができる最新の腹筋マシーンです。

腹筋ローラー

ローラーの両側についているハンドルを両手で握り、ローラーを床に滑らせる運動で腹筋を鍛えるトレーニング器具です。

EMS腹筋ベルト

お腹に低周波を当てることで筋肉を刺激し、体を動かさなくても腹筋が鍛えられる腹筋ベルトです。

そのほかの器具

など、さまざまな器具があります。

倒れるだけの腹筋マシーンの使い方と効果

テレビCMなどで話題の、倒れるだけの腹筋マシーン。イス状の器具に腰掛け、背もたれごとそのまま体を後ろに倒します。背もたれには反発力があり、倒す際や戻す際に腹筋が刺激されて鍛えられます。1台で6種類(クランチ、ツイスト、タック、サイプレス、バイシクル、ストレッチ)の腹筋運動ができるものもあります。負荷の段階を初心者レベルから設定できるものもあるので、普段運動しない人や女性も手軽に始めることができます。

EMSの使い方と効果、注意点

低周波で腹筋を刺激することで、筋力の増加と脂肪燃焼に効果があるEMSベルト。筋肉は低周波を当てられると、瞬間的に引き締まる「収縮」という現象が起きます。さらに、低周波を止めると収縮が解かれて緩みます。この収縮と弛緩をくりかえすことによって、筋肉を引き締めます。横になってくつろいでいる時や家事をしている時でも使用できるので、運動が苦手な方には魅力的な器具です。ただし、医療機関で治療を受けている人や妊娠中の人、ペースメーカーを使用中の人などは、使用できないなどの条件があります。使用前に必ず確認するようにしてください。

ヘルスケア本