スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

加齢黄斑変性の原因

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

加齢黄斑変性の基礎知識

加齢黄斑変性は、網膜の「黄斑」という部分が障害されて見え方に異変が現れたり、視力が低下したりする病気です。ドクター監修のもと、発症のメカニズムと危険因子について解説します。

欧米人に多いとされている加齢黄斑変性ですが、近年は日本人にも患者が増えてきています。ここでは、加齢黄斑変性が起こるメカニズムと、病気を引き起こす危険因子をご紹介します。

加齢黄斑変性が起こるメカニズム

加齢黄斑変性は、網膜の中心部にあり、明るさや色を認識する視細胞が集中している「黄斑」という組織が障害される病気です。黄斑は、網膜の中でも物を見るための機能が高く、もっとも敏感な部分です。そのため、ここが障害されると、視界の中央が暗くぼやけて見える、ものが歪んで見える、視力が急激に低下する、色を識別しにくくなるといった症状が現れます。

加齢黄斑変性には、「滲出型」と「萎縮型」の2種類がありますが、日本人に圧倒的に多いのは滲出型で、これは「新生血管」という異常な血管が網膜のすぐ下に発生することで生じます。この血管は、正常な血管と異なりとてももろいので、血液の成分や水分が漏れ出したり、破れて出血したりします。その結果、黄斑の組織にダメージを与えてしまい、視覚障害を引き起こしてしまうのです。

加齢黄斑変性の危険因子

加齢黄斑変性の発症の原因は、まだ詳しく解明されていない部分もありますが、次のことが危険因子になると考えられています。

加齢

病名のとおり、加齢黄斑変性には、加齢による老化が大きく影響しています。そのため、50歳代から発症しやすく、高齢になるほどそのリスクは高くなります。

喫煙

喫煙は、加齢黄斑変性のもっとも重要な危険因子といわれています。特に、喫煙歴が長い人、喫煙量が多い人、煙を肺まで深く吸う人は加齢黄斑変性になりやすく、喫煙しない人に比べ、発症率は4~5倍にもなるという報告があります。これは、喫煙によって体内に活性酸素が増えることが影響しているようです。

青色光

太陽光に含まれる「青色光(ブルーライト)」は、波長が短く強いエネルギーを持っているので、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達してしまい、黄斑にダメージを与えます。青色光は、テレビやパソコン、スマートフォンなどからも出ています。

生活習慣

食生活の欧米化、野菜・果物を食べない、高血圧・脂質異常症・動脈硬化などの生活習慣病、肥満も加齢黄斑変性に影響するといわれています。

遺伝

加齢黄斑変性の発症に関わる遺伝子を持っている人は、発症率が1.4倍になるという報告があり、遺伝的要因も注目されています。遺伝的要因を持っている人が必ず発症するというわけではありませんが、家族に加齢黄斑変性の人がいる場合は、早くから注意するようにしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科