スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

加齢黄斑変性の症状(物がゆがんで見える・見えない所があるなど)

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

加齢黄斑変性の基礎知識

加齢に黄斑変性は、近年、患者数が急激に増えている目の病気で、網膜の「黄斑」という部分が障害を受けることで起こります。ドクター監修のもと、加齢黄斑変性を発症することで引き起こされる症状について解説します。

「加齢黄斑変性」は、網膜の「黄斑」という部分が障害を受けることで起こる病気で、50代以降の中高年に多く発症します。黄斑は、ものの形や大きさ、色などを識別する重要な組織で、この部分に異常が起こるとさまざまな視覚障害が起こります。では、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか?詳しく解説します。

加齢黄斑変性の具体的な症状

加齢黄斑変性の症状には、次のようなものがあります。

ものが歪んで見える

視野の中心がグニャッと歪んで見えます。壁のタイルや障子の桟(さん)など、格子状になったものを見ると、歪んでいるのがわかりやすいようです。

中心部が暗く見える(中心暗点)

視野の中心が暗くぼやけ、見えにくくなります。例えば人の顔を正面から見た場合は、鼻や目の辺りがはっきり見えなくなります。

視力の低下

病気の進行にともなって視力も低下していき、対面している相手の顔が見えない、値札の数字が読めない、字を書くときに手元が見えないなど、日常生活に支障をきたすようになります。通常は視力の低下は徐々に進行していきますが、急激に著しく低下することもあります。

色覚異常

さらに症状が進むと、色を判別しにくくなります。個人差がありますが、青っぽいものと黄色っぽいもの、赤っぽいものと緑っぽいものの見分けがつきにくくなることが多いとされます。

異変に気づいたときは遅い?

加齢黄斑変性は両目に起こりますが、大抵の場合は片方の目から発症します。しかし、私たちの目は片方に異常が起きても、もう片方の目がそれをカバーするようにできているので、両目でものを見ていると見え方の異変になかなか気づきにくい傾向があります。そのため、見え方の異変に気づいたときには症状がかなり進行してしまっていることも少なくありません。

適切な治療を受けることで、今ある視力を維持したり、ある程度上げたりすることは可能ですが、視力を正常にすることはほぼ不可能です。そのため、加齢黄斑変性は早期発見・早期治療がとても大切となります。片目だけでものを見て歪みや黒ずみなどがないかをチェックする習慣を持つ、定期的に視力検査を受けるなど、意識していきましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科