スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

2つのタイプに分かれる加齢黄斑変性症(萎縮型・滲出型)

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

加齢黄斑変性の基礎知識

網膜の中心部にある「黄斑」が障害されることで起こる加齢黄斑変性には、「滲出型」と「萎縮型」の2種類があります。それぞれのタイプの原因と特徴について、ドクター監修のもと詳しく解説します。

加齢黄斑変性は、網膜の中心部にある「黄斑」という組織が障害されて起こる病気で、「滲出型」と「萎縮型」という2種類のタイプがあります。それぞれの原因や特徴を見ていきましょう。

滲出型加齢黄斑変性症の原因と特徴

滲出型は、「新生血管」という異常な血管が発生することで起こる加齢黄斑変性です。網膜細胞は常に新陳代謝をくりかえしており、このときに老廃物を産出します。年をとると、この老廃物をうまく処理できなくなってくるので、網膜とその外側にある脈絡膜の間に老廃物が溜まり、慢性的な炎症が起こります。すると、これを鎮めようと炎症を鎮める働きのある化学物質が放出されますが、その中には血管の発生を促す血管内皮増殖因子(VEGF)が存在しているため、脈絡膜に新しい血管ができてしまいます。このようにして発生した新生血管は、通常の血管と異なり非常にもろく、血液中の成分が漏れ出したり、破れて出血したりします。その漏れ出た成分などによって網膜の黄斑がダメージを受けることで、ものが歪んで見える、視野の中心が暗くぼやける、視力が低下するなど、見え方に異変が現れてしまうのです。

滲出型は進行スピードが早く、視力低下につながりやすいという特徴があります。また、日本人に多いのはこちらのタイプで、日本の加齢黄斑変性患者の9割近くを占めるといわれています。

萎縮型加齢黄斑変性症の原因と特徴

日本人にはあまり起こらず、欧米人に多いのが萎縮型加齢黄斑変性です。萎縮型は、加齢によって網膜の細胞が変性し、網膜が徐々に萎縮することで起こります。滲出型と違って病気の進行はゆっくりで、また、萎縮した部分が広がって黄斑のもっとも重要な部位である中心窩にかからない限りは、高度の視力障害になることはありません。しかし、萎縮型はこれといって確立された治療法がなく、時間の経過とともに新生血管が発生し、滲出型になることもあります。進行が遅いからと放っておかず、定期的に通院し、検査を受けることが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科