スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

「加齢黄斑変性」手術の概要と特徴

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

加齢黄斑変性の基礎知識

加齢黄斑変性の治療法には、外科手術もあり、「新生血管抜去術」と「中心窩移動術」という2種類の方法があります。今回は、それぞれの手術でどんなことを行うのかご紹介します。

日本人に多い滲出型の加齢黄斑変性。治療法にはさまざまなものがあり、「新生血管抜去術」「中心窩移動術」といった外科手術もあります。これらの手術がどのように行われるのか、概要と特徴をご紹介します。

滲出型の原因は「新生血管」

「黄斑」は、網膜の中心部にあり、ものの形や大きさ、色、明暗などを識別する視細胞が集中する重要な部分です。加齢黄斑変性とは、黄斑が障害される病気のこと。滲出型の場合は、「新生血管」という異常な血管が生えてくることで起こります。

年をとると、網膜とその外側にある脈絡膜の間に、老廃物が溜まりやすくなります。すると、これを処理するために、脈絡膜から新生血管が伸びてきます。新生血管は非常にもろく、血管壁から血液成分や水分が漏れ出すと、黄斑部の視細胞が障害されることに。その結果、視野の中心部が黒ずんで見えたり、歪んで見えたり、視力が低下したり、滲出型の加齢黄斑変性を発症します。

新生血管抜去術

外科手術によって、新生血管を抜き取ってしまうのが「新生血管抜去術」です。角膜の横に小さな穴を開け、そこから細い器具を目の中に挿入し、新生血管を摘出します。

血管を抜き取れば、新生血管はそれ以上育たなくなります。しかし、この手術は新生血管だけ摘出するのが難しく、網膜の一番外側にある「網膜上皮細胞」まで取ってしまったり、黄斑の中でも特に重要な「中心窩」を傷つけたりして、視力に悪影響をおよぼす可能性があります。

中心窩移動術

「中心窩移動術」は、黄斑部の網膜をいったん剥がし、新生血管のない正常な場所に中心窩を移動させる手術です。

新生血管が小さければ視力が上がることもありますが、術後一時的に、ものが二重に見える場合があります。
また、網膜をいったん剥がすため、網膜剥離を起こす可能性もあります。

このように、外科手術は大掛かりになる上、リスクも大きく、最近ではあまり行われていません。現在主流になっているのは、新生血管に注射で薬剤を送り込む「抗VEGF療法」や、弱いレーザーを当てて新生血管を内側から壊す「光線力学的療法(PDT)」、強力なレーザーで新生血管を焼き切る「レーザー光凝固術」などです。それぞれの治療法については、加齢黄斑変性の治療方法でご紹介しているので、あわせてご覧ください。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科