スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

視覚障害者手帳が交付される疾患「加齢黄斑変性症」になりやすい人

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

加齢黄斑変性の予防・改善方法

加齢黄斑変性症は、その名の通り、加齢によって起こる病気ですが、高齢者のすべてが発症するわけではありません。そこで今回は、どんな人が加齢黄斑変性を発症しやすいのかをご紹介してきます。

加齢黄斑変性症は、ものが歪んで見えたり、視野の中心が暗くぼやけて見えるなどの症状が出る目の病気で、以前は、日本人には少ないといわれていました。しかし近年、日本でも患者が急増しています。そこで今回は、どんな人が加齢黄斑変性になりやすいのかを紹介していきます。

老化だけが原因じゃない?

私たちが、ものを見ることができるのは、目に入ってきた光の情報を「網膜」が受け取り、電気信号に変換して、脳に伝達しているからです。網膜の中でも、もっとも敏感で、視力との関わりも深いのが「黄斑」という組織で、ここには、ものの形や大きさ、色、明るさなどを識別する「視細胞」がたくさん集中しています。加齢黄斑変性は、この黄斑が障害されてしまい、ものが歪んで見えたり、視界の中央が黒ずんで見えたり、視力が低下したりといった視力障害が起こる病気です。

メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が0.1に満たないことを「社会的失明」と言いますが、加齢黄斑変性は、進行すると、この社会的失明を招く可能性がある怖い病気です。障害者手帳の交付を受けた視覚障害者の原因疾患を調べた調査によると、緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性に次いで黄斑変性は4位となっています。そしてさらに、そのほとんどが加齢黄斑変性によるものです。

加齢黄斑変性は、病名に「加齢」という言葉がついているように、目の網膜の細胞が老化することによって起こる病気です。加齢にともなって起こる目の病気といえば、ほかにも「白内障」があり、こちらの場合は、程度の差はあっても、80歳以上の人なら、ほぼ全員が持っている病気です。しかし、加齢黄斑変性の場合は、高齢者全員が発症するわけではなく、逆に高齢でなくても発症するケースがあります。

では、加齢黄斑変性になる人と、そうでない人の違いは、どこにあるのでしょうか?

加齢黄斑変性になりやすい人

加齢黄斑変性の発症には、加齢に加え生活習慣も影響しているとされています。以下のような人は、加齢黄斑変性のリスクが高くなります。

タバコを吸っている人

喫煙は、加齢黄斑変性の大きなリスクになることが国内外の研究で明らかになっています。タバコを吸うことで、体内に有毒な「活性酸素」が増えることが影響するとされており、喫煙者が加齢黄斑変性を発症する率は、非喫煙者に比べ4~5倍という報告もあります。

直射日光によく当たる人

太陽光に含まれる「青色光(ブルーライト)」は、波長が短く、エネルギーが強いので、目の一番奥にある網膜にまで届き、視細胞を酸化させてしまうといわれています。

肥満の人

加齢黄斑変性の患者が多い欧米では、肥満との関係も指摘されています。肥満の人は動脈硬化になりやすく、網膜への血流が悪くなることが影響すると考えられています。

血縁家族に加齢黄斑変性の人がいる人

滲出型の加齢黄斑変性には、遺伝的要因も関係していると考えられています。これは、滲出型の加齢黄斑変性の発症に関わる遺伝子が、近年の研究で発見されたことによるものです。とはいえ、遺伝的要因を持っている人が必ず発症するというわけではないので、むやみに恐れる必要はありませんが、血縁家族に加齢黄斑変性の人がいる場合は、早くから意識して注意することが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科