スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関節痛の原因と考えられる病気

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

関節と関節痛の基礎知識

関節が痛んだり、腫れたりしたことはありませんか? 関節痛を伴う病気はとても多いと言われています。専門ドクター監修のもと、関節痛の主な症状と、関節痛の原因と考えられる代表的な病気について解説します。

膝(ひざ)や肘(ひじ)、指、肩、あご、腰、股関節、足など、体のいろいろな部位にある関節が動きにくくなったり、痛みを感じたりしたことはありませんか。関節痛には、運動や病気などいろいろな原因が考えられます。その中でも、関節痛をひき起こす病気にはたくさんの種類があります。代表的な病気にはどのようなものがあるのか、解説します。

関節痛を起こしたときの主な症状

関節になんらかの異常が起こると、痛みがでるほか、腫れたり、固まって動かなくなったりします。痛み方にもいろいろあり、なにもしなくても痛むこともあれば、押すと痛む場合、動かすことで痛む場合もあります。さらに、痛む場所にも特徴があります。一か所の関節が痛む場合と、複数の関節が痛む場合。また、体の片側の関節が痛むケースや、左右対称に痛むケースもあります。痛み方や痛む場所の違いは、病気を特定するポイントとなります。

関節痛を起こす主な病気と症状

関節に痛みが起こる病気には、さまざまなものがあります。代表的な病気について解説します。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)

関節痛の原因で、いちばん多い病気。骨と骨の間のクッションの役割をする軟骨が、老化によってすり減ったり変形したりすることで、炎症を起こし痛みが出ます。ひじや手、ひざ、股関節、足に起こりますが、一番多いのが膝関節。はじめは、長時間歩いた後や、運動後に痛みを感じます。進行すると、立ったり座ったりする動作や、少し歩いただけで痛むようになります。

関節リウマチ

膠原病(こうげんびょう)の一つ。感染症による全身的な免疫異常が原因となり、一つの関節だけではなく、全身の関節が左右対称にこわばったり、痛みがでたり、腫れたりします。関節痛のほかにも、微熱や全身の倦怠感、目や口の乾き、食欲がなくなる、肺などの臓器に症状が見られることもあります。

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)(四十肩・五十肩)

加齢によって肩関節のバランスが崩れることで起こる、肩の関節や肩周辺の組織の炎症。腕を上げたり、回したりする動作によって痛みがでます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)

血液やケガなど傷口から、関節にブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌などの細菌が侵入し、化膿して炎症を起こします。関節が赤く腫れ、痛みが起こります。痛みはどんどん強くなり、進行すると関節が破壊されます。治療が遅れると、関節の障害が残ることもあります。

痛風(つうふう)

血中の尿酸値が上がり、血液中に溶けきれなくなった尿酸が結晶となって関節に溜まり、炎症を起こす病気です。アルコールや肉類、魚類に多く含まれるプリン体の過剰摂取や水分不足によって引き起こされます。特に、足の親指の付け根が赤く腫れ上がることが多く、強い関節痛が起こります。

偽痛風(ぎつうふう)

痛風は尿酸の結晶が炎症を起こしますが、偽痛風はピロリン酸カルシウムの結晶によって起こります。主に、ひざ関節の腫れが見られ痛みをともないます。

足関節滑液包炎(そくかんせつかつえきほうえん)

正座や足首の前の部分をこする動作によって、足首の関節の前方にある滑液包に炎症が起こり、腫れや痛みが起こります。

ペルテス病

大腿骨の骨頭に栄養を送る血液の流れが何かしらの要因で滞ることで、大腿骨の骨頭が一時的に壊死に陥ってしまう疾患です。4歳から8歳くらいの男の子に多く見られます。

骨肉腫(こつにくしゅ)

骨の悪性腫瘍。手や足の骨の関節に近い部位から発症することが多く、骨の関節の痛みや腫れが起こります。

関節痛の原因と考えられる代表的な病気を挙げましたが、紹介したほかにもさまざまな病気が考えられます。治療が遅れると日常生活に支障をきたす病気も多いため、関節の痛みを感じたら、早めに受診することをオススメします。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

ヘルスケア本