スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足の冷えも魚の目(うおのめ)の原因に!冷え性を予防・改善するフットケア方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/10/27

魚の目(うおのめ)の予防・対策

足が冷えている人は、そうでない人に比べて、靴の圧迫などを感じやすく、魚の目ができやすくなるといわれています。そこで今回は、足の冷えを予防・改善するためのフットケア方法をご紹介していきます。

意外に感じるかもしれませんが、魚の目には、足の冷えも影響することがあります。そこで今回は、足の冷えを予防・改善するフットケアの方法をご紹介していきます。

足の冷えも魚の目の原因に

魚の目は、足の一部分が、長期間にわたって繰り返し圧迫・摩擦などの刺激を受け続けることで、皮膚の表面にある角質層が硬く厚くなり生じます。合わない靴を履き続けていたり、足の骨が変形していたり、歩く際に悪いくせがあったりすることなどが主な原因ですが、間接的には、「足の冷え」も影響しているといわれています。

なぜなら、足が冷えていると、血行が悪くなって皮膚の新陳代謝が衰え、古い角質が足裏に溜まりやすくなるからです。

足の冷えを予防・改善するフットケア

足に冷え対策には、血液・リンパの流れや循環をよくすることが欠かせません。そのためには、次のフットケアが効果的です。

足指を伸ばしながら回す

手で足の指を1本つかみ、少し引っ張りながら、左右に回してほぐします。反対の手で指のつけ根を押さえると、動かしやすくなります。残りの指も同様に行います。

足首をまわす

足の裏側から指の間に、手の指を入れます。開いている方の手で、くるぶしを押さえ、足首をほぐすように大きく回します。

太もものつけ根を緩める

太もものつけ根(股関節の周り)には、リンパ節があるので、ここをもみほぐして緩めます。

足裏をほぐす

床の上に麺棒を置き、その上に片足を乗せて、足の裏を使って、麺棒を前後に転がします。片足につき、30秒くらい行いましょう。

足湯も効果的

足の冷え対策には、足湯もおすすめです。足先を温めることで、血管が拡がり、足の血液循環がよくなります。

準備するもの

・両足が入るくらいの大きさのバケツ(もしくは洗面器)

・座って足湯をするためのイス

・タオル2枚程度

・お湯(夏は38~40度、冬は40~42度くらいが目安)

足湯のやり方

(1)床が濡れないようにバケツの下にタオルを敷き、バケツの中にお湯を注ぎます。お湯の量は、くるぶしが隠れるくらいの水位にします。

(2)イスに座って、つま先からゆっくりお湯に足をつけていきます。そのまま10〜15分ほど足湯を続けましょう。お湯がぬるくなったら、温かいお湯を差し湯します。

また、冷え対策のためには、体を冷やさない服装、バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠、ストレスをためないといった生活習慣を心がけることも忘れないようにしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

ヘルスケア本