スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

魚の目(うおのめ)に適した病院は?皮膚科・形成外科・整形外科での治療の特徴

更新日:2018/05/18 公開日:2015/10/30

魚の目(うおのめ)の治療

魚の目の治療というと、皮膚科や整形外科、形成外科などで行っているので、何科を受診すればいいのわかならいと感じている人もいるかもしれません。今回はドクター監修のもと、それぞれの病院の魚の目治療の特徴をご紹介します。

魚の目の治療のために病院を受診したいと思ったとき、何科の病院へ行けばいいのかがわからないという人もいるかもしれません。そこで今回は、魚の目の治療に適した病院についてご紹介していきます。

魚の目の治療はまずは皮膚科へ

結論からいうと、魚の目は、足の皮膚の角質が厚く硬くなって生じるものなので、まずは皮膚科を受診するとよいでしょう。

皮膚科に行けば、魚の目の芯の大きさや深さを診察したうえで、状況に合わせた治療法が選択されます。

一般的に行われるのは、魚の目をカミソリなどで削ったり、「サリチル酸」を主成分とした薬を使った治療です。サリチル酸には、角質をやわらかくする作用があるので、これを患部に数日つけてふやかし、やわらかくしてから芯を取り除くのです。

また、芯が深い重症の魚の目の場合は、レーザーで芯だけを焼き切る「レーザー治療」や、メスで切開して芯を取り除く「メスでの切除術」などが行われることもあります。

根本的に治すなら整形外科へ

ただし、こうした皮膚科での治療は、芯が食い込んで痛むのを治すための対症療法でしかない場合がほとんどです。

魚の目は、足の皮膚の一部分に、長期間にわたって、圧迫・摩擦などの刺激が繰り返し加わったために、角質が厚く硬くなることで生じるものです。一部分に刺激が加わってしまう原因として、開張足や外反母趾などといった足の変形、足裏がしなやかに動かない歩き方、足首の関節の硬さなどがあげられます。

このため、こうした足の環境を改善しなければ、いくら芯を取り除いても、いずれまた再発してしまう可能性があるのです。そして、こうした足の環境を改善するためには、整形外科での治療が必要です。

中には、整形外科と皮膚科が併設されている病院もあるので、こうした病院で、両方を受診するというのもよいでしょう。

形成外科は、生まれながらの異常や、病気やケガなどによってできた身体表面の変化の治療や再建を行う外科です。形成外科でも、魚の目の場合は皮膚科と同じように、サルチル酸を使った治療やレーザー治療などを行っているところもあります。

魚の目の治療法

サリチル酸製剤の使用

サリチル酸製剤を使用する治療法です。早期の魚の目であれば、治療効果が期待できます。

病院での処方のほか、薬局で市販薬を購入することもできます。市販ではさまざまな剤型があり、用途に応じた剤型の使い分けが必要です。薬剤が魚の目の部分よりも大きく付かないように注意しましょう。健康な皮膚に付着すると、白くなってしまいます。

カミソリ等での削り

もっとも一般的に行われる方法で、カミソリなどで芯の部分を削ります。

メスでの除去

魚の目が直径5mm以下の場合、メスで除去するという治療法もあります。ただし、直径5mm以上になると、治療後の痛みや出血、細菌感染などのリスクがともなうため、あまり一般的ではないようです。

レーザーでの治療

治療にいたっては、出血がほとんどなく治療できる点がメリットです。しかし、傷が完全に癒えるまでにはおよそ1か月ほどかかります。

ブレオマイシンの投与

ブレオマイシンという抗がん剤を魚の目の芯に投与し、治療効果を高める方法です。

液体窒素治療

液体窒素を含んだ綿棒をウオノメ当て、改善する治療法です。

詳しくは『「液体窒素療法」で魚の目(うおのめ)は治る?』をご参照ください。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

ヘルスケア本