スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

成分献血や全血献血とは?献血方法の種類について

更新日:2016/12/09 公開日:2015/12/25

献血の基礎知識

献血の種類には、大きく分けて「成分献血」と「全血献血」の2種類があります。聞き慣れない言葉ですが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。ドクター監修のもと、献血方法の種類について解説します。

「成分献血」や「全血献血」という言葉を聞いたことがありますか? このふたつの言葉は、献血の種類を表しています。献血を経験したことがない人には、聞き慣れない言葉ですが、それぞれいったいどんな献血方法なのか、詳しく解説します。

成分献血とは?

成分献血は、成分採血装置を使用して、血液中の特定の成分だけを採血する方法です。血小板成分献血と血漿成分献血があり、いずれもの場合も、体内で回復するのに2~3週間かかる赤血球は再び体内に戻されます。

血小板成分献血は、主に白血病やがんの治療後、血小板が低下した場合に使用されます。血漿成分献血は、血液を固める凝固因子を補充するための輸血に使用されるほか、血液凝固因子製剤など、血漿分画製剤の製造に使われます。

採血時間は人によって異なりますが、一般的に成分献血の献血時間は45(主に血漿)~90(主に血小板)分かかります。全血献血の10~15分と比べると長くなりますが、身体への負担も軽くてすみます。また、多くの血漿や血小板を献血できるという特徴があります。

全血献血とは?

全血献血は、400mL献血と200mL献血の2種類があり、すべての血液成分を献血する方法です。医療機関からの要請があるのは、大半が400mL献血で採血された血液です。また、患者からみると、より少ない方々から献血された血液で輸血されるほうが体にやさしいため、年齢が男性17歳以上、女性18歳以上で、体重が50kg以上と、献血基準を満たしている方には、特に400mL献血が望まれます。

一方、200mL献血は、16歳からできる献血です。200mL献血で採血した血液は、主に乳幼児や低体重の方などの治療に使用されています。

献血を受ける際の注意点

献血が終わったら、献血ルームに準備してある水分などを補給し、少なくとも10分以上は休憩しましょう。トイレも、緊急時以外は休憩後に行くとよいでしょう。

献血の後、貧血のような状態になることがあります。エレベーターや階段を使用するときは注意しましょう。また、電車で帰宅する場合は、転落防止のため、駅のホームでは線路の近くでなく、中ほどで電車を待つようにします。気分の不良や失神などは、じっと立っているときに発生することが多いといわれているため、椅子に座ったり、体を少し動かしたりするとよいでしょう。

乗り物を運転する場合は、30分以上十分に休憩をとってから乗りましょう。乗る際には、ジュースやスポーツドリンク、お茶など、水分をたっぷり補給することが大切です。また、水泳やマラソンなどの激しいスポーツは避け、入浴も2時間はあけましょう。

成分献血と全血献血は、体への負担と所要時間が異なります。自分の体調とよく相談して選択しましょう。

ヘルスケア本