スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

市販薬もある?扁桃炎(扁桃腺炎)の治療薬

更新日:2017/04/18 公開日:2016/02/18

扁桃炎(扁桃腺炎)の基礎知識

扁桃炎(扁桃腺炎)は、原因や症状によって適切な治療薬が異なります。ここではドクター監修のもと、扁桃炎に効く治療薬にはどのようなものがあるのか、また市販薬での代用は可能か、市販薬が効かない場合の対処について解説します。

扁桃炎(扁桃腺炎)だと診断されると、細菌を退治するための抗菌剤のほか、発熱やのどの痛み、炎症といった症状に効く薬が処方されます。しかし、医療機関を受診する時間がない場合には、症状を和らげる市販薬もあるので、活用するとよいでしょう。

扁桃炎の原因は?

扁桃炎の主な原因は、細菌やウイルスによる感染で原因菌としては「インフルエンザ菌」、「溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)」、「肺炎球菌」、「黄色ブドウ球菌」、「EBウイルス」などがあげられます。これらは、私たちが健康なときにも体内に潜んでいますが、免疫機能が正常に働いていれば増殖して炎症を起こすことはありません。風邪や疲労などによって体の免疫力が低下しているときに、菌が増殖し、扁桃がそれらと戦うために炎症を起こします。

扁桃炎治療時に使われる薬の種類と効果

扁桃炎の治療には、原因となる細菌に対する抗生剤、のどの炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤、解熱剤、うがい薬を使うことが一般的です。通常、症状は数日から1週間程度で和らいできます。

インフルエンザ菌、溶血性連鎖球菌(溶連菌)、肺炎球菌などの細菌によって扁桃炎を発症した場合は、まずペニシリン系もしくはセフェム系の抗生剤を投与し、3~4日のうちに症状が和らぐかどうかを確認することがほとんどです。ウイルスによる扁桃炎には抗生剤は効かないため、対症療法で治療します。発熱やのどの痛みには、非ステロイド性消炎鎮痛剤、のどの炎症には抗炎症剤を処方して経過をみます。

市販薬による治療ができるのかどうか

市販されている薬に抗生剤は含まれませんが、扁桃炎の症状緩和に有効なものはあります。

うがい薬

殺菌消毒成分である「CPC(塩化セチルピリジニウム)」や「ポビドンヨード」は、うがい薬に配合されています。

内服薬

抗炎症成分の「トラネキサム酸」や「カンゾウエキス」を含む内服薬は、扁桃腺の腫れや痛みを鎮める効果があります。また、冷感成分を含むものには熱を持った患部の症状を和らげる効果が期待できます。

  • 葛根湯

漢方薬には症状を緩和するとともに、体の免疫力を上げて回復力を助ける効果があります。「葛根湯」は風邪の引きはじめに効果があるとされていますが、扁桃炎の初期症状緩和や回復力アップにも有効です。原料に含まれる葛根と生姜には、体を中から温めて代謝を上げ免疫力を高める効果があり、消炎鎮痛作用のあるカンゾウエキスも含まれています。

  • 小柴胡湯(しょうさいことう)

扁桃炎を発症して3~4日過ぎている場合は、大草、朝鮮人参、甘草、生姜を主成分とした「小柴胡湯」がおすすめです。体を内側から温めて免疫力を高め、発熱による筋肉痛や疲労感を和らげます。

上記にあげた有効成分を含む市販薬は、薬局、薬店で手に入りやすいものです。すぐに医療機関で診察を受けられない時には、活用してみるとよいでしょう。

市販薬が効かない場合

扁桃炎によるのどの痛みや炎症がひどく、食べ物や飲み物を摂れず脱水の恐れがある場合は、入院して点滴により水分と栄養補給を行います。また、扁桃炎を何度もくりかえす習慣性扁桃炎(または反復性扁桃炎)やPFAPA症候群(周期性発熱症候群)の場合、別のアプローチが必要となります。

PFAPA症候群とは、症状の出ない期間をまたいで、感染症が原因ではない、半日から数週間続く発熱を頻繁に(半年から1年以内に3回以上)くりかえす病気です。炎症を調整する遺伝子に異常をきたしているため、自分の体の炎症反応をコントロールできず、実際には感染していないのに体が勘違いをして防御反応として炎症を起こし、発熱や扁桃炎、口内炎、頭痛、腹痛などのさまざまな症状を発症します。PFAPA症候群や習慣性扁桃炎の場合、抗生剤を投与しても効果が出ないので、ステロイド治療や扁桃摘出術を行うことがあります。

のどの乾燥によって腫れや痛みがひどくなりますので、十分な水分補給とこまめなうがい、室内の十分な加湿(湿度40%以上)、マスクの着用をするのもおすすめです。

この病気・症状の初診に向いている科 耳鼻咽喉科

今すぐ読みたい