スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目の充血とは

更新日:2018/05/08 公開日:2016/03/29

目の充血

白目の部分が赤く充血すると結構目立ち、人前に出るのも嫌になってしまいます。早く治すためにも、目の充血とはどんな状態で、原因や解消法にはどんなものがあるのか知っておきたいところ。ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

目が充血するメカニズムから、充血する原因や治療・予防法までを紹介します。

目の充血とは

白目の部分の血管が拡張して赤くみえる状態が充血です。白目の血管はごく細いため、通常は目立ちませんが、なんらかの原因によって血管が拡張することで赤く目立つようになります。

その原因とは、たとえば、目を使いすぎて疲れた時、回復を促すために酸素や栄養素をたくさん運ぼうとして血行がよくなり、目の血管が膨らんで充血します。飲酒時に目が充血するのも、アルコールの作用で血行がよくなるためです。

また、コンタクトレンズの長時間使用や不具合によっても、同じように炎症反応が起きたり、目の障害を回復するために血管が拡張して、充血することがあります。

目の充血の原因

疲れ目やゴミが入ってこすってしまい軽い炎症が起きたといった場合は、原因が解消されれば自然に治ります。

しかし、なかなか目の充血が治まらないという時には、目の病気が原因になっていることも考えられます。目の充血には、「結膜充血」と「毛様充血」というふたつの種類があり、それぞれ原因となる病気が異なります。

目の充血の治療・解消法

目の疲れを解消したり、コンタクトを正しく使用することが一番ですが、目に栄養分を与えてくれる目薬などを利用するのもよいでしょう。ただし、充血が治りにくい場合は目の病気の可能性もあるため、眼科で診断してもらい、適切な治療を受けましょう。詳しくは、『目の充血の解消法』をご覧ください。

目の充血の予防

目の充血を避けるためには、以下のことに注意しましょう。

清潔を保つこと

花粉やホコリ、細菌などで炎症を起こさないよう、これらが目についた時は、涙や流水、涙と似た成分の点眼薬などで洗い流しましょう。また、ウイルスなどが付着した手で目をこするのも要注意。外出先から戻ったら、手洗いを心がけましょう。アレルギー体質の人は、部屋を清潔に保ち、アレルゲンを除去することも大切です。

目によい食生活を心がける

目が疲れやすい人は、目によいとされるビタミンA、B、C、E、ミネラル類を多く含む食品をバランスよく食べるようにしましょう。

タバコやアルコールは極力控える

刺激物は粘膜に刺激を与えるため、できるだけ控えましょう。

規則正しい生活と十分な睡眠を

目を使いすぎないよう心がけ、疲労やストレス、睡眠不足にも注意しましょう。

どんなにきれいにメイクをしても、目の充血は隠しにくいです。充血を起こさないよう、普段の生活の中で気をつけることが大切です。

ヘルスケア本