スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目の腫れとは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/29

目の腫れ

泣いたり、お酒を飲み過ぎたりした翌日などに目の腫れが起こることがありますが、これはどうしてでしょう。逆に、特に心あたりはないのに目が腫れたときは、どんな原因が考えられるのでしょうか。ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

目の腫れが起こるメカニズムから、原因、治療・解消法までをご紹介します。

目の腫れとは

目の腫れは、主にまぶたに起こります。

そのメカニズムを解説します。まず、目の疲れや寝不足などによって血管が収縮し、血行が悪くなります。すると、血管に吸収されて運ばれる皮膚の下の老廃物(間質液)が溜まった状態になり、むくみという形でまぶたの腫れを起こします。

もうひとつは、炎症反応による腫れです。目に花粉などのアレルゲンや細菌などが入ると、体の防衛反応として免疫機能が働きます。この働きの中で、外敵を排除する際に炎症物質が放出されますが、これが腫れや充血、かゆみなどを引き起こすのです。

また、炎症反応では、目やにも多く出ます。目やにには、白血球に撃退された細菌など異物の残骸が含まれています。細菌感染の場合は黄緑色でドロっとした膿状の目やに、ウイルス感染の場合は白く糸を引いたような目やに、花粉症などのアレルギーの場合はさらりとした水状の目やにが出るのが特徴です。

目の腫れの原因

目の腫れは、眼精疲労などによって血行不良となり起こることがあるほか、前日にお酒を飲み過ぎたり、就寝時にうつぶせで寝てしまったといったことでも起こります。

そのほか、泣いたり、花粉症などのアレルギーによって目をこすりすぎてしまい、軽い炎症が起きて腫れる場合もあります。

また、いわゆる「ものもらい」と呼ばれる霰粒腫(さんりゅうしゅ)や麦粒腫(ばくりゅうしゅ)も、目の腫れの原因となる代表的な病気です。目の腫れの原因について詳しくは、『目の腫れが起こる原因』をご覧ください。

目の腫れの治療、解消法

単純なむくみの場合は、蒸しタオルで温めて血行を改善し、溜まった水分をスムーズに排出するようにします。

一方、炎症が起きている場合は、冷たいタオルで冷やして鎮めましょう。ものもらいと呼ばれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)の場合、まずは眼科で診てもらい、抗生物質や抗炎症剤が入った目薬や内服液を処方してもらいます。

特に霰粒腫は、時間が経つとしこりによる腫れが残ってしまうことも。この場合、手術によって切除しなければならないこともあるため、放置せずに眼科を受診し治療してもらいましょう。

目の腫れの治療・解消法について詳しくは、『目の腫れを治す方法』をご覧ください。

目はとてもデリケート。ちょっとこすってしまうと、軽い炎症が起きて目が腫れぼったくなることもあるため、普段から目に触れるときには注意することが大切です。

ヘルスケア本