スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

水疱瘡の治療、スタートはできるだけ早くが効果的

更新日:2018/06/06 公開日:2016/04/19

水疱瘡(みずぼうそう)の検査・治療法

水疱瘡の治療の際に、病院で処方される薬の効果や自宅での過ごし方について、ドクター監修のもと解説します。また、できるだけ跡を残さず、軽く済ませるために気をつけることについても詳しくご紹介します。

水疱瘡にかかった場合の、病院や自宅での治療にはどのようなものがあるのでしょうか。

症状が疑われたらすぐ医療機関へ

水疱瘡とみられる発疹が出たら、すぐに医療機関を受診しましょう。治療開始は、早ければ早いほど症状が軽く済み、早く治すことができます。なぜなら、抗ウイルス剤はウイルスの増殖をおさえる薬なので、発症初期のウイルスが増える前からの投薬が効果的だからです。

目安としては、発症後2日以内に投薬を開始しましょう。

医療機関を受診するときは、あらかじめ電話をしてから来院する、または保護者など健康な人だけが先に受付に行って、水疱瘡の疑いがある旨を報せましょう。他の来院者への感染防止のため、普段の出入り口以外の入り口から入るように指示されることがあります。

水疱瘡の初期症状

水疱瘡は、最初は頭皮に発疹が出てくることが多く、次いで胴体、そして手足など全身に広がっていく特徴があります。発症初期のころは新しい発疹が次々と出てくるため、紅斑・水疱・かさぶたなどが同時に見られます。発疹の数は個人差が大きく、数個で治まる人もいれば全身に数えられないほどの発疹が出てしまう人もいます。

水疱瘡の流行する時期は12月~7月の冬から夏前だと考えられています。1歳から4歳の発症が多くみられ、微熱や頭痛などをともないますが、子供の頃はこの症状をうまく言葉で伝えられないことから「なんとなく不機嫌」な様子になることが多いようです。

水疱瘡の症状の詳細については『水疱瘡(みずぼうそう)の症状!発疹が治癒するまで』の記事を参照ください。

病院で行われる水疱瘡の治療法

医師によって水疱瘡の診断がされると、以下のような薬を処方されます。

抗ウイルス剤

ウイルスの増加を防ぎます。アシクロビル(ゾビラックス)、バラシクロビル(バルトレックス)などがあります。

抗ヒスタミン剤

かゆみを和らげます。

亜鉛華軟膏(カチリ)

白い塗り薬です。かゆみを和らげる作用があります。

水疱瘡の治療には、必ず水疱瘡と診断されたときに医療機関で処方された薬を使用しましょう。市販のカゼ薬や解熱剤は、水疱瘡の発症時に飲んではいけない成分が含まれていることがあります。

詳しくは 『水疱瘡の治療にはどんな薬が使われるの?副作用は?』 をご覧ください。

治療中に自宅で気をつけること

医療機関を受診した後は以下のことに気をつけて、自宅で回復を待ちましょう。

水疱はかかないように

水疱はかゆくても、かかないように注意しましょう。跡が残る原因になります。かゆみは冷やすとおさまることがあります。また、爪は短く切っておきましょう。

お風呂はシャワーで済ませる

お風呂は、水疱がかさぶたになるまではシャワーだけで済ませましょう。湯船につかると体が温まるのでかゆみが増します。もし、お尻や外陰部に水疱ができていたら治りにくいので、特に清潔にするよう気をつけましょう。

水疱が膿んでジクジクしてきたら再受診を

水疱が赤く腫れてきたら医療機関を再受診し、化膿止め対策をしましょう。

身の回り品は清潔に

タオルや下着、パジャマ、シーツやまくらカバーは常に清潔なものを使用しましょう。

その他の注意点

亜鉛華軟膏は、つぶれた水疱には塗らないようにしてください。他の人への感染を防ぐため、水疱が全部かさぶたになるまでは外出を控えるようにしてください。

水ぶくれがかさぶたになるまで登校はNG

水疱瘡は第2種感染症に指定されているため、水疱が全部かさぶたになるまで登校や登園は禁止されています。しかし、それ以前でも症状により医師の許可が出ることもあります。登校・登園再開には治癒証明が必要な場合もあります。

子供に多いといわれている水疱瘡ですが、免疫を持っていない人であれば大人でも水疱瘡になる場合があります。大人になってから水疱瘡になると、重症化することが多く、肺炎・脳炎・肝炎の合併症が起こるリスクも高まると考えられています。特に妊娠中の感染には注意が必要です。

大人がかかる水疱瘡については『大人でも水疱瘡になるの?重症化しやすい大人の水疱瘡』の記事を参照ください。

ヘルスケア本