スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

二重まぶたの整形手術、メイクはいつからできる!?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/18

埋没法での二重まぶたの整形手術を行った場合、その後にメイクする際の注意点をご紹介します。

手術後アイメイクはいつから可能?

アイシャドウ、マスカラ、アイラインなどのアイメイクは、埋没法の場合は、術後3日以降から行うことができます。可能であれば、患部の腫れの状態を考慮し、術後1週間はアイメイクを控えた方がよいでしょう。アイメイク以外は、手術直後から行っても問題はありません。

幅が広い二重まぶたの整形手術を行った場合には、腫れが落ち着く、1〜2週間の期間は、アイメイクを控えるのが理想的です。 切開法や、ミニ切開法で手術を受けた場合には、衛生面を考慮し、抜糸が済んでから(約1週間後)アイメイクを行うようにしましょう。

埋没法で手術を行った場合のメイク方法

埋没法で手術を行った場合には、二重を長持ちさせるために、まぶたを無理に引っ張るようなメイク方法は控えるようにしてください。まつげエクステは、術後の腫れが完全に引いてから行うようにしましょう。

術後の針跡や、赤みが気になる場合は、少し濃いめのアイシャドウを使うことで、目立ちにくくなります。腫れて幅が広い二重になっている場合には、太めのアイラインを描くことで目立ちにくくなります。

二重の整形手術を周囲に気付かれたくない場合は、厚めの前髪を作ることで、視線をごまかすことができます。また、眼鏡やコンタクトで印象を変えることも効果的です。顔や目元の印象を変えることが、手術をごまかすポイントとなります。

しっかりメイクをしたい人

寒色系や、引き締め色のアイシャドウを使うことで、腫れが目立ちにくくなります。赤みが気になる場合、光でカヴァーできるラメ入りがおすすめです。マスカラは、お湯で拭きとれるタイプを使うことで、メイク落としの負担が軽減され、二重を長持ちさせることができます。

薄化粧でもよい場合

カヴァー力のある下地や、コンシーラーなどを使い、傷跡を見立たなくする工夫を行うとよいでしょう。傷跡に赤みがある場合には、赤みを抑えるメイク下地の使用がおすすめです。

メイクを落とすときの注意

二重まぶたの整形手術を行った直後は、洗顔を控えて、患部以外をやさしく拭く程度に止めてください。その後メイクをするときは、強くこすらなくても簡単に拭き取れる方法を心がけてください。

そして、メイクを落とすときは、皮膚にできるだけ負担をかけないことがポイントです。洗顔のときは強くこすらず、やさしく洗うことを心がけ、アイメイクはオイルなどでやさしく拭き取るように落とすことが大切です。

カテゴリー