スキンケア大学 メンズスキンケア大学

肌の老化がわかる肌年齢とそのチェック方法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/19

肌の状態を知ることができる肌年齢のチェック方法についてご説明します。

肌年齢とは

肌の状態を判断する指標として、肌年齢チェックがあります。

皮脂量や水分量を測定したり、肌のキメや毛穴、色素沈着を画像解析することで、肌の状態を数値化し、年齢であらわしたものです。同年齢の人の平均と比較して、現在の肌がどのような状態にあるのかを知ることができます。

肌年齢はさまざまな面から肌の状態を分析します。その結果、ダメージを受けている場所やその種類、今後老化を抑えるためにはどんなケアが必要であるかがわかります。現在の状態だけでなく、将来出てくるシミなどのトラブルもある程度予測することが可能です。

肌年齢の診断方法について

肌年齢は、化粧品カウンターや美容クリニックで診断が可能です。化粧品カウンターでは簡易診断が多く、スキャナーによって肌の水分量や色、透明度などの測定を行い、スキンケア製品の選定に役立てられています。

一方、クリニックでは顔全体から詳細に診断を行います。生活習慣に関する問診も併用し、メイクを落とした素顔の状態で診断を行うことが特徴です。肌の皮脂量や水分量のバランスを測定するだけでなく、顕微鏡やビデオスコープを使い、毛穴やキメの状態などを詳細に調査分析していきます。

そのため、将来あらわれるトラブルを予測したり、診断結果を治療に役立てることも可能です。より精度の高い肌年齢を知り、アンチエイジング対策を行いたい場合にはクリニックでの診断をおすすめします。

肌年齢を若く保つために

肌年齢を若く保つためにできることには、毎日の習慣から治療までさまざまな対策があります。

  • 生活習慣の改善…十分な睡眠、禁煙、過剰なアルコール摂取を避ける
  • 食生活の改善…バランスのよい食事、塩分・糖分の摂り過ぎに気をつける
  • 正しいスキンケア…清潔な状態を保つ、保湿する、紫外線対策など
  • ホルモンバランスを整える…生活習慣改善に加え、ストレスを溜めない

 

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー