スキンケア大学 メンズスキンケア大学

口角がキュッと引き締まり、ふっくらとボリュームのある若々しい唇は、「線」が決め手です。メイクのプロ監修のもと、美しいリップメイクのコツをご紹介します。

大人のリップメイクは「線」の攻略がカギ

加齢とともに唇はボリュームを失い、輪郭もあいまいになってきます。そんなしょんぼり唇で悩む人には、口紅だけでなくリップライナーが必要不可欠です。きちんと輪郭を取ることで、キュッと引き締まった若々しい口元になれるのです。大切なのは、正しいリップラインの引き方。特に、30代からのリップメイクは、色よりもまず「線」を攻略することから始めましょう。

リップライナーと口紅の役割の違い

リップライナーと口紅の違いについて、解説します。

唇の印象を決めるリップライナー

リップライナー、あるいはリップペンシルと呼ばれるものは、唇の輪郭を取るクレヨンのようなものです。これで唇を縁取れば、あとは口紅で中を塗るだけ。塗り絵方式の簡単リップメイクが可能というわけです。

リップライナーは、口紅よりも油分が少なく、硬めのテクスチャーが特徴。一度密着したら落ちにくく、口紅のにじみを防ぐ防波堤の役割もしてくれます。唇の形も簡単に補整できます。また、口角や唇のラインを整えることで引き締まった印象にしたり、ほんとうの輪郭よりやや外側に描いてふっくらした印象に見せたりと、リップライナーの使い方で口元の印象を変えることもできます。

口紅は直に塗っても筆・指を使っても

口紅は、唇に彩りとツヤを与えるアイテムです。顔料と油分を基調に作られています。スティック状になっている口紅をそのまま唇にぬったり、紅筆にとって唇につけたり、指でなじませたりとさまざまな使い方ができるのも特徴です。

口紅とリップライナーの選び方

保湿力やトリートメント効果で選ぶ

唇の荒れやすい方の場合、口紅をつけることで唇が荒れてしまう可能性があります。トリートメント効果の高い口紅を選ぶとよいでしょう。また、唇の荒れによいとされる美容液タイプのリップベースなどを口紅の前に使用するのもよいでしょう。

色で選ぶ

濃い色の口紅は、人によっては唇が小さく見えてしまう場合があります。肌なじみのいい淡い色を選ぶとよいでしょう。特に、白っぽいピンクがおすすめです。

リップライナーは、口紅の色に合わせて何本かあると便利です。1本で済ませたいなら、自分の唇の色にもっとも近いピンクベージュを探してください。このライナーで、形の整ったもう一つの唇をつくるという感覚です。

リップライナーの上手な使い方

リップライナーは鉛筆を握るように持ち、小指の先を軽くあごにあてて安定させます。支点となる小指の位置は、描きやすいところに少しずつ移動させてください。まず山形、唇の底辺、と順に左右交互にラインを描いてみてください。ペンシルはやや寝かせぎみにして、太めの輪郭にしたほうが描きやすいし、仕上がりも自然です。

(1)下唇の底辺の輪郭線を引く

リップライナーで、下唇の底辺の輪郭を描きます。底辺のラインは唇の色素で判断するのではなく、あごから指でなぞっていき、角度が変わったところをポイントにしてください。

(2)口角から底辺へ線をつなげる

唇の丸みにそって、下唇の口角から底辺に向かい、自然なカーブを描きます。口角を無理に上げて描くと不自然になるのでNG。少し微笑みながら描くとよいでしょう。口角の内側を通常よりも広めに、三角形になるように塗りつぶすと、立体的な唇に仕上がります。

(3)上唇は山形の部分から描く

山はとがらせずに、丸みをもたせて描きましょう。次に、山から口角を直線でつなぎます。山から口角、口角から山へと、リップライナーを行き来させながら描いていくのがポイントです。

ぷっくりと立体的に見せる口紅の塗り方

リップライナーで輪郭をとってから口紅を塗ります。

(1)下唇の中央から外側へ

口紅をリップブラシの両面に軽く含ませ、下唇の中央から外側に向かって塗っていきます。口角部分の塗り残しがないように気をつけてください。リップブラシは、ある程度コシがある平筆で、分厚すぎないタイプがおすすめです。

(2)上唇のラインは口角から山部分へ

上唇も同様に、中央から外側に向かって塗っていきます。ラインを塗るときは、口角から山部分へ。山の手前でブラシを半回転させると、自然な丸みを帯びた山に仕上がります。最後に、上下の唇を軽くこすり合わせて、色をなじませましょう。自分の正しい輪郭に合った、自然な唇のできあがりです。

リップグロスを塗るのもおすすめ

唇をふっくらと見せるには、リップグロスも効果的です。パールを含んだピンク系のグロスなら、みずみずしい質感で若々しい雰囲気になります。リップグロスを塗るときのコツは、口角の部分のみリップペンシルできちんとラインをとること。口の端が引き締まっていると、淡い色でも口元がぼやけません。

カテゴリー