スキンケア大学 メンズスキンケア大学

奥二重さんもぱっちり!目が大きく見えるアイメイクのコツ

更新日:2018/01/10 公開日:2016/05/22

ぼんやりとしてパッとしない、いつも眠たそうに見られがち……。そんな奥二重さんの目元をパッチリみせるためには、上まぶた部分に透明感と奥行き感を作ることがポイントです。

奥二重とは

目を開くとき、目の周りの「眼輪筋」が使われます。その筋肉がまぶたの皮膚裏側と付着しているかどうかによって、そのまぶたの折りたたまれ方や開き方が変わり、二重のラインができる位置が変わってきます。二重幅が狭く、まぶたの皮膚の内側にラインが隠れた状態が奥二重です。

奥二重さんのアイシャドウの選び方

奥二重さんのメイクが重く見えてしまう原因は、ずばり「まぶたの腫れぼったさ」です。アイホールに使用するアイシャドウには、肌なじみのいいアイスブルーがおすすめ。淡くふんわりといれることで、重たくみえるまぶたの厚み感を払い、スッキリとみせてくれる効果があります。赤みの強い色は腫れぼったくみえるため、ピンクやブラウンを選ぶなら黄みを帯びた色がおすすめです。

また、パール感の強いアイシャドウは、そのツヤがまぶたの厚みを強調してしまいます。なるべくマットな質感のものを選ぶとよいでしょう。

奥二重の魅力を引き出すアイラインのコツ

二重のラインを活かすポイントは、キワに濃い締め色を使用しないことです。濃いカラーで二重幅を塗りつぶすと、キツくみえたり、かえって一重に見えたりする場合があります。

締め色よりも淡い中間色を、二重の幅から少しオーバーするくらいの範囲に重ね、淡いグラデーションでさりげない陰影を作ります。

まぶたのキワにはアイラインを引き、目元をぱっちりさせます。アイラインペンシルで、まつげとまつげの間を埋めるように入れましょう。奥二重さんは、まつげの粘膜部分の隙間がみえやすいので、細いラインできちんと埋めてあげることがポイントです。

さらに、下まぶたの目尻1/4に上まぶたと同じ中間色を入れると、目幅が広がり、ほんのりタレ目の優しい雰囲気に。

奥二重さんの魅力を引き出すのは、二重の幅を潰さない丁寧な引き算メイクです。自然なグラデーションと細いアイラインで二重幅を際立たせ、ぱっちりと存在感のある目元に近づけましょう。

カテゴリー