スキンケア大学 メンズスキンケア大学

目を大きくぱっちりと!マスカラの種類と効果

更新日:2016/12/16 公開日:2016/05/22

目元を大きくみせるために欠かせない、アイメイクの最重要アイテムであるマスカラ。自分に合ったマスカラはどうやって選べばいいのでしょうか。まずは、仕上がりとモチについて注目してみましょう。

マスカラの役割

マスカラは、まつげにボリュームを出したり、長さを出したりして、目元に存在感を与えるコスメです。目元の縦幅・横幅をぱっちりと強調し、目を大きくみせることができます。マスカラの選び方次第で、キュートにみせたり、華やかにみせたり、落ち着いた印象にみせたりすることも可能。アイメイクには欠かせないアイテムです。

なりたい目元で選ぶ、マスカラの種類

マスカラを仕上がり別に大きく分けると、以下の3タイプになります。

ロングラッシュタイプ

ファイバー(繊維)をまつげにからませることで、まつげを長くみせるタイプです。ナチュラルに美しく仕上げたいときに適しています。

カールアップタイプ

つけ心地が軽やかで、カールさせたまつげを長時間キープします。マスカラの重みですぐまつげが落ちてしまう人におすすめ。

ボリュームアップタイプ

重みのあるマスカラ液でまつげを1本1本コーティングし、濃く太くみせることができます。かわいらしさ、華やかさを出したいときに。

もちのよさ、クレンジングのしやすさなどによって、ここからさらに種類が分かれます。

本当に落ちにくいマスカラとは? タイプ別のメリットとデメリット

マスカラのモチで分けると、ウォータープルーフタイプとスマッジプルーフタイプの二つに大別されます。

ウォータープルーフ

その名の通り、水に強くカールも落ちにくいタイプです。また、重ね塗りで太さや長さを出しやすいのも特徴。皮脂でにじみやすく、クレンジングに少々時間がかかるところは難点ですが、ボリュームを出したい、カールを1日しっかりキープしたい、存在感のあるアイメイクが好み、という方におすすめです。

スマッジプルーフ

液状のマスカラが乾くとフィルム状になるタイプ。皮脂に強いのに、お湯で簡単にオフできる点が魅力です。しかし、長さは出しやすい反面太さがでにくく、まつげのカールが下がりやすいのが弱点。マスカラがにじんで目の下が黒くなるのを解消したい、元々まつ毛がカールしている、メイクオフを簡単に済ませてまつげの負担を軽減したい、という方におすすめです。

なりたい印象やご自身のまつげとの相性を考慮して、使い分けてみるのもよいでしょう。

カテゴリー